虫かご持参!浜松で「セミをとって食べるイベント」が開催されると話題に

Text by

  • 1
flickr_Takashi Hososhima

flickr_Takashi Hososhima

浜松で「セミをとって食べる」というイベントが開催される。

昆虫食イベント

浜松で今月8日、セミを捕まえて調理し食べるイベントが開催される。

参加者は「虫取り網」や「虫かご」を持参し、自分で捕ったセミを自分で調理して食べる。

2回目の開催

このイベントが開催されるのは、昨年に続き2回目。

昨年8月に開催したイベントには約20人が参加、約60匹のセミを食べた。

参加者からの評判は好評で、前回参加者の中には「今年も参加したい」と話す人もいるようだ。

「セミ南蛮」など本格的に調理

昨年は、焼いたり素揚げにしたりして食べるだけだったが、今年は「美味しく調理する昆虫食」をテーマに、きちんと調理する予定。

セミをタレに付け込んでから唐揚げにしてタルタルソースをかけ「セミ南蛮」などにするという。

なお、セミが選ばれたのは「山の中までいかなくても気軽に採取できる」という理由から。

「セミ食を風物詩にしたい」と意気込み

イベントの主催者は、次のように意気込みを語った。

セミ食は浜松の夏の風物詩と呼ばれるように頑張りたい

昆虫食の楽しさを知ってほしいという思いからイベントを開催しているという。

ネット上には「おいしそう」という声も

セミを捕まえて調理し食べるという珍しいイベントに、ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。

  • セミって食べられるの!?
  • 浜松人こえ~
  • …すみません。セミは、無理です
  • いやいやいやいや・・・(虫嫌い)
  • 現代人にはかなりのインパクト
  • 僕はこの類は全く平気ですわ
  • 意外とおいしそう
  • ついに浜松にもセミ食文化到来!

「怖い」「抵抗がある」といった意見も多いが、「全く平気」「意外とおいしそう」という声もあった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking