「学校が死ぬほどつらい子は、図書館へいらっしゃい」鎌倉市図書館のツイートが素敵すぎると話題に

Text by

  • 7
Shutterstock

Shutterstock

鎌倉市図書館のツイートが話題となっている。

「逃げ場所に図書館を思い出して」とツイート

神奈川県の「鎌倉市図書館」は26日、つぎのようなツイートを投稿した。


学校に行くのが辛い子に、逃げ場所として図書館を思い出してほしいと呼びかけている。

ネット上に反響が続々

この投稿に、ネット上には多くの反響が寄せられている。


鎌倉市図書館のツイートは、投稿からおよそ5時間で7千超リツイートされ、3千500を超える人がお気に入りに登録している。

夏休み明けは子供の自殺が最多

夏休み明けの9月1日は、子どもの自殺が多い。

内閣府が1972~2013年の42年間で、18歳以下の子どもが自殺した日付を分析したところ、自殺した子どもが多かったのは次のような日付だった。

  • 9月1日 131人
  • 4月11日 99人
  • 4月8日 95人
  • 9月2日 94人
  • 8月31日 92人

新学期前後、特に夏休みが終了する前後に子どもの自殺が多い傾向がみられた。

不登校児支援のNPOも「辛ければ休んで」とメッセージ

夏休み明け前後に子どもの自殺が多いという分析結果を受けて、不登校児を支援するNPO法人も「学校に行きたくないあなたへ」という緊急メッセージを発表している。

あなた自身がつらいと感じたら、無理して学校に行こうとせずに、まずは休んでください。学校から逃げることは恥ずかしいことではありません。生きるために逃げるんです

NPOのホームページには、女優の東ちづるさんや教育評論家の尾木ママ、社会学者の上野千鶴子さんなど多くの著名人から子ども達へのメッセージが届いている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking