2万匹超の「犬猫」が流通過程で死んでいると明らかに!環境省推計の33倍以上

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

2014年、国内で流通した犬猫の約3%が流通過程で死んでいたことが明らかになった。

2万3千匹が流通過程で死亡

朝日新聞などの調査で、2014年度に国内で流通した犬猫75万匹のうち、2万3千匹あまりが流通過程で死んでいたことが分かった。

環境省の推計を大きく上回る数だ。

死因は不明

調査によると、2014年度に販売または無償で引き渡された犬猫は、「犬」約61万7009匹、「猫」13万3554匹。そのうち3.08%にあたる2万3181匹が流通過程で死亡。

また、2013年度には、流通した犬猫44万3463匹の3.84%にあたる1万7038匹が流通過程で死んでいる。

死因の報告義務がないため、死んだ原因は明らかになっていない。

環境省推計の33倍以上

環境省は2009年、流通過程で死亡している犬猫の数について、犬は約450匹、猫は約80~約240匹という推計を出していた。

今回の調査で分かった2万3千匹あまりという数は、環境省推計の33倍以上にのぼる。

ネット上には規制を求める声

流通している犬猫の3%超が流通過程で死んでいるという調査結果を受けて、ネット上には多くの反響がよせられている。

  • そんなに…
  • これはひどいなぁ
  • 犬や猫をペットショップで買うっていうのはそういうこと
  • ペットショップで気軽に犬がかえるのが、そもそもの間違い
  • ペット産業こそが最大の動物虐待なのは明らかで規制しないとダメ
  • 殺処分の再生産でしかない
  • ペット業界の実態をもっと明らかにしてほしい

ペット産業への規制を求める声が複数みられた。

業者が不要な犬を遺棄も?

ペットの犬をめぐっては、2013年に自治体が業者から犬猫の引き取りを拒否できると明記された改正動物愛護法が施行された後、犬の大量遺棄事件が相次いだ。

遺棄された犬の多くは人気種の成犬。繁殖に使えなくなった犬を業者が捨てたのではないかとみられている。

業者「氷山の一角」

ある繁殖業者は相次ぐ犬の遺棄について次のように話している。

不要な犬を安楽死させたり、庭に埋めたりする業者もいる。見つかったのは氷山の一角だ

環境省によると、2013年度に収容した犬猫のうち犬2万8570匹、猫9万9671匹を殺処分したという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking