「またか…」都道府県の魅力度ランキング、茨城の3年連続最下位に嘆きの声

Text by

  • 0
123RF

123RF

2015年の都道府県の魅力度ランキングが発表された。

77項目を調査

ブランド総合研究所は9月30日、「地域ブランド調査2015」の調査結果を発表した。

地域ブランド調査とは、1000市区町村と47都道府県の魅力度や認知度など77項目を数値化してランク付けしたもの。

第10回目となる今回は、6月24日~7月17日に全国の20~60代を対象にインターネット調査を実施。2万9046人から回答が集まった。

都道府県ランキング、ベスト5

都道府県の魅力ランキング上位は次のとおり。

  • 1位 北海道 
  • 2位 京都府 
  • 3位 東京都
  • 4位 沖縄県
  • 5位 神奈川県 

北海道が1位になるのは7年連続。北海道は市町村の魅力度ランキングでも、ベスト5に北海道の市(函館市、札幌市、小樽市)がランクインしている。

また、今回の調査では世界文化遺産に登録された軍艦島のある「長崎県」や、北陸新幹線が開業した「富山県」、伊勢志摩サミットの開催地となった「三重県」の順位が上がっていた。

茨城がまた最下位に

一方で、魅力度ランキングの下位は以下のような結果に。

  • 47位 茨城県
  • 46位 佐賀県
  • 45位 群馬県
  • 44位 埼玉県
  • 43位 滋賀県

茨城県が最下位となるのは、これで3年連続。茨城県は2009年以来、2012年の46位を除いて全て最下位となっている。

ネット上には「茨城だっていいところがある」という声

今回の結果を受けて、ネット上には多くの反響がよせられている。


茨城県などランキング下位の県出身と思われる人から「またか…」「良い所なのに…」といった嘆きの声が多く投稿されていた。

ランキングを発表した研究所は茨木県が最下位の原因について「水戸や筑波が茨城だとすぐに結びつかないことが一因ではないか」という見方を示している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking