「まじかよ…」シャープのモバイル型ロボット電話“ロボホン”に驚きの声

Text by

  • 15
SHARPニュースリリース

SHARPニュースリリース

シャープが「持ち運べるロボット電話」を開発していることが明らかになった。

モバイル型ロボット電話を発売へ

シャープは6日、モバイル型のロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発していると発表。

2016年前半に発売を始めるという。

二足歩行する電話

発表によると、ロボホンはロボットクリエイター高橋智隆氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合させた次世代の携帯情報通信端末。

サイズ約19.5cm、質量約390gと軽量なのでポケットなどに入れて持ち運ぶことができる。また、二足歩行も可能。

操作は「音声対話」で

ロボホンの主な機能は、次のとおり。

  • モバイル通信
  • 音声通話
  • メール
  • カメラ
  • 液晶タッチパネル
  • 顔・音声認識
  • 歩行・起き上がり
  • 小型プロジェクターで写真などを投影

携帯電話の基本機能に加えて、小型プロジェクターを備えている。なお、機能の操作はロボホンとの音声対話で行うという。

ネット上には「目の付け所がシャープすぎる」という声

ロボホンを開発・発売するというシャープの発表を受けて、ネット上には多くの反響が投稿されている。


「ネタかと思った」「目のつけどころが斜め上すぎる」といった反応が多かったが、コンセプトムービーを見た人などからは「欲しい」という声も複数よせられていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking