「ガッカリだ…」脱原発派の“河野太郎”氏が入閣後にブログ公開をやめ、失望の声

2015年10月08日 12時33分

2015年10月08日 12時33分

123RF
123RF

入閣した河野太郎氏が、公式サイトの「ブログ」や「主張」「動画」の公開を中断した。

河野太郎氏、初入閣

7日に発足した第3次安倍改造内閣で、河野太郎氏が国家公安委員長兼行政改革担当大臣に入閣した。

河野氏は「原発と日本はこうなる」「『原子力ムラ』を超えて」といった原発に関する本を出版するなど「脱原発派」として知られており、自身のブログでも川内原発の再稼働についての批判など脱原発を訴えていた。

入閣後、ブログや主張の公開が中止

そんな河野太郎氏のブログが、入閣が決まった7日に閲覧できなくなった。

現在、河野太郎氏公式サイトの「ブログ『ごまめの歯ぎしり』」と「動画」、「主張・政策」は、「メンテナンス中」として閲覧できない状況になっている。

河野氏「安倍首相とベクトルは同じ」と説明

河野氏は7日、ブログ等を閲覧できなくした理由を次のように説明した。

今までは外から発言しているだけだったが、今回、国務大臣のポストをいただき、政府の議論に直接参加できるようになった。言うべきところはしっかりと言うが、政府の一員である以上、決まったことについては誠実に実行する

また、安倍首相が2012年の自民党総裁選の際に「長期的には原子力発電の依存度を下げる」と言っていたとして、「ベクトルとしては同じ方向を向いていると思う」とも話した。

ネット上には失望の声が多数

河野太郎氏がブログや主張の公開をやめたことについて、ネット上には多くの感想がよせられている。


「期待してたのに…」「魂を売った?」「ガッカリだぜ…」など失望や批判がほとんどだったが、中には「責任感のあらわれ」「ベストな選択」と評価する声もあった。

注目の記事