「マジかよ…」エイベックスがJASRACを離脱すると報じられ衝撃が広がる

Text by

  • 0
123RF

123RF

エイベックスがJASRACを離脱するいう報道に、注目が集まっている。

日経新聞が報道

日本経済新聞は16日、エイベックス・グループ・ホールディングスが日本音楽著作権協会(JASRAC)から離脱し、曲の管理を系列会社に移す手続きを始めたと報じた。

JASRACの独占状態にある日本の音楽著作権管理ビジネスが、大きく変化するかもしれない。

約10万曲の管理を「イーライセンス」に委託?

エイベックスは現在、約10万曲の管理をJASRACに任せている。

報道によると、エイベックスはJASRACとの契約を子会社を通じて見直し、今後は系列の音楽著作権管理会社「イーライセンス」に委託するという。

報道を受けてエイベックス株価が上昇

この報道を受けて16日、エイベックス・グループ・ホールディングスの株価が上昇。

Yahoo!ファイナンス「エイベックス・グループ・ホールでイングス」

現在、日本の音楽著作権市場はほぼJASRACの独占状態となっている。

エイベックスがJASRACを離脱すれば、音楽著作権使用料の引き下げや音楽市場の活性化などが期待されることから、エイベックス株に買いが入っているようだ。

ネット上にも反響が続々

音楽業界大手のエイベックスがJASRACを離脱するという報道に世間の注目も集まっており、ネット上には多くの反響がよせられている。


さまざまな意見が飛び交っている。

JASRACをめぐっては今年4月、最高裁が「他の事業者の参入を著しく困難にしている」として、JASRACは独占禁止法に違反しないとした公正取引委員会の審決を取消す判決を下した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking