白タクが合法に?安倍首相が「自家用車でのライドシェア」の規制緩和を指示

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

自家用車での有償送迎「ライドシェア」が認められそうだ。

交通手段として「自家用車」を活用へ

安倍晋三首相は20日、国家戦略特区諮問会議で次のように述べた。

過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する

自家用車での有償送迎「ライドシェア」を可能にする規制緩和を検討するように指示した。

交通弱者や外国人の足に

現在日本では、自家用車を使って有償で送迎することは、「白タク」行為として原則禁止されている。

しかし、人口減少による公共交通機関の空白区域の広がりを受けて、ライドシェアの規制緩和を求める声が一部の自治体から出ていた。

公共の交通機関が少ないなど一定の条件を満たした「特区」で自家用車での「ライドシェア」を可能にすることで、自家用車が高齢者などの交通弱者や外国人観光客の足となることが期待される。

スマホなどで配車

自家用車のライドシェアとは、利用者がスマホやパソコンで事業者に配車を依頼。事業者が一般の運転手に運転を要請し、運転手が利用者を輸送するという仕組みだ。

利用者は運転手に「謝礼金」を支払い、運転手は事業者に「情報提供料」を支払う。

事故や渋滞など課題も

海外では既にライドシェアの活用が広がっており、配車サービスを提供する米企業「ウーバーテクノロジーズ」の1日の配車回数は100万回を超えている。

しかし一方で、運転手の増加による渋滞や未熟な運転手による交通事故、運転マナーの悪さなどトラブルも発生しているという。

ネット上には安全を懸念する声が多数

日本でライドシェアが可能になることを世間の人々はどう考えているのだろうか?ネット上にはさまざまな意見がよせられていた。

  • 良いじゃん。田舎には必要な法律
  • 試す価値はあると思う
  • 乗せる人が不審者とも限らんし事故が起こったら賠償はどうなるんだ
  • 絶対ぼったくりが出てくる
  • 提供する側の安全確保も課題であり、十分検証してほしい
  • 管理をしっかりしないと違法滞在・就労の緩和になる
  • 営業タクシー従事者の暮らし圧迫して何の規制改革か…
  • 都心部は乗り入れ禁止にしてくだい

期待の声がある一方で、安全面やタクシー業界への影響などを懸念する声も上がっていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking