応募があるのか?外務省が「テロ情勢分析員」をネット公募していると話題に

Text by

  • 1
123RF

123RF

外務省が募集している「テロ情勢の専門分析員」の職員募集要項が話題となっている。

テロ情勢の専門分析員を募集

外務省が、アル・カイーダやISIL、中東などのテロ情勢の専門分析員を募集している。

契約期間は平成28年1月4日(予定)から同3月31日まで。期間満了後、双方の合意により最長2年まで更新するという。

応募資格は?

この募集の「応募資格」がハイスペックすぎると話題になっている。応募できるのは、以下の1~4全てにあてはまる方。

  • 1.アル・カイーダ、ISIL、中東、アフリカ、東南アジア等のテロ情勢についての専門的知識・経験をお持ちの方
  • 2.国内外の大学研究機関へのアクセスがあり、外国語による調査業務が可能(英語は必須。加えて、アラビア語・仏語・インドネシア語等もあればなお望ましい)で、大学院レベル以上(在学中も含む)の方
  • 3.週3日、東京都内に通勤可能な地域にお住まいの方
  • 4.日本国籍を有し、かつ外国籍を有しない方

応募にあたっては、履歴書の他、応募分野における研究歴等をまとめた文書、過去の関係学術論文、推薦状が必要となる。

応募封筒に「テロ情勢分析員公募」と朱書き

応募者は12月11日までに必要書類を外務省まで郵送。なお、募集要項の「応募方法」には次のような注意書きが書かれている。

封筒に「専門分析員公募(アル・カーイダ,ISIL,中東,アフリカ,東南アジア等のテロ情勢)」と朱書きしてください

応募封筒に朱書きで「テロ情勢の専門分析員に公募する」という旨を記入する必要があるという。

給料は不明

採用された者は、非常勤の国家公務員となる。勤務日は週3日。

基本給は経歴により出勤日数に応じて支給。1年以上勤務できる社会人の場合は雇用保険に加入できるが、健康保険・厚生年金保険は無し。

「なぜネット公募?」と疑問の声

この募集要項について、ネット上には多くの反響がよせられている。

他にも「どこの0007だよ」「この内容で非常勤…」という驚きや「なぜネットで公募?」「応募があるのか?」などと懸念する声が多く投稿されていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking