茨城県の教育委員が「障害のある子どもの出産を防いだ方がいい」と発言し批判殺到

Text by

  • 1
123RF

123RF

茨城県教育委員の「障害児」についての発言に、衝撃が広がっている。

県の「教育会議」での発言

18日、茨城県で県の教育施策を話し合う「県総合教育会議」が開催された。

そこで、ある教育委員が障害児について「大変な予算」「減らしていける方向になったらいい」などと発言したという。

特別支援学校について「大変な予算」と意見

朝日新聞の報道によると、今年4月に教育委員に就任した長谷川智恵子氏が、障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話す中でこのように述べたという。

妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う

この発言を受けた知事が「堕胎がいいかは理論の問題」と答えたところ、長谷川氏は「意識改革しないと。生まれて来てからじゃ本当に大変」「茨城県では減らして行ける方向になったらいい」などと意見したという。

知事、発言に「問題はない」と判断

また会議後の取材で、長谷川氏は次のように発言。

命の大切さと社会の中のバランス。一概に言えない。世話する家族が大変なので、障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい

知事は「産むかどうかを判断する機会を得られるのは悪いことではない」と述べ、長谷川氏の発言に問題はないとの考えを示しているという。

ネット上に批判の声が殺到

この教育委員の発言に対して、ネット上に反響が殺到。

中には「いいたいことは分かる」「出生前診断はあったほうがいい」と同意する人もいるが、多くは批判する声だ。

生まれつき両腕と両足がないという障害を持つ乙武洋匡氏は、長谷川氏の発言を受けて、次のようなコメントを投稿。

乙武氏はスポーツライターや小学校経論などを経て、東京都の教育委員や地域のゴミ拾いなどを行うNPO法人の代表を務めている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking