商業衛星を初搭載した「H2Aロケット」がいよいよ打ち上げへ!JAXAがライブ中継

Text by

  • 0
「JAXA」HP

「JAXA」HP

24日午後、H2Aロケット29号が打ち上げられる。

午後3時23分、打ち上げ

本日11月24日の午後3時23分、種子島宇宙センターからカナダの通信放送衛星を搭載したロケットが打ち上げられる。

日本のロケットが海外の民間企業から受注した人工衛星を打ち上げるのは、これが初めて。

世界トップレベルの日本ロケット

H2Aロケットは、日本初の純国産ロケット「H2ロケット」の技術を元に開発された技術水準・経済性ともに世界トップレベルの日本の主力大型ロケット。

搭載するのは、カナダのテレサット社の通信放送衛生「Telstar 12 VANTAGE」。

H2Aロケットはこれまで政府系の衛星ばかり打ち上げており、商業衛星を打ち上げるのは今回が初めてとなる。

高度3万4千キロまで衛星を運ぶ

静止衛星の打ち上げでは従来、ロケットは高度300キロ程度で衛星を切り離し、残りの高度までは衛星が自力で到達する必要があった。

しかし、H2Aロケットはおよそ4時間半飛行し、静止軌道(3万6千キロ)に近い高度3万4千キロまで衛星を運ぶ計画だ。

飛行時間・飛行高度ともに前例のない打ち上げとなる。

衛星打ち上げの国際市場に参入へ

現在、商業衛星の打ち上げの国際市場はヨーロッパとロシアがシェアの大半を占めている。

日本が開発した純国産のH2ロケットは1998年と1999年に連続して打ち上げに失敗。国際市場への参入に大きく後れを取った。

今回の打ち上げが成功すれば、衛星打ち上げの国際市場への参入に大きな役割を果たせると期待が集まっている。

ネット上には応援の声が続々

いよいよ迫ったH2Aロケット29号の打ち上げに、ネット上には応援の声が続々と届いている。

JAXAは、注目が集まるH2Aロケット29号の打ち上げをライブ中継する予定だ。

14時45分から第一部として「基幹ロケット高度化紹介CG」や「打ち上げ準備状況レポート」、「打ち上げなどの中継」を放送。

19時30分からは、H2Aロケット29号の衛星分離を放送する。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking