「移民は必要ない?」将来、就業者の49%は“人工知能”等で代替可という発表に反響が続々

Text by

  • 0
123RF

123RF

10~20年後には日本の労働人口の約49%が人工知能・ロボットで代替可能という推測結果が発表され、注目を集めている。

およそ半数の職業は人工知能・ロボットで代替可能

野村総合研究所は2日、国内601種類の職業について人工知能やロボット等で代替される確率を試算した結果を発表した。

それによると、10~20年後には日本の労働人口の約49%が就いている職業は代替可能という推測結果が出たという。

事務員などは代替の可能性高

人工知能やロボット等による代替の可能性が高い100の職業に分類されたのは、以下のような仕事。

  • 一般事務員
  • 受付係
  • 警備員
  • タクシー運転手
  • 測量士 など

特別な知識・スキルが求められない職業や、データー分析、秩序的・体系的操作が求められる職業は、人工知能等で代替できる可能性が高い。

創造性が必要な業務などは低確率

一方で、人工知能やロボット等による代替の可能性が低いとされたのは、以下のような職業。

  • アナウンサー
  • アロマセラピスト
  • 外科医
  • 保育士
  • ゲームクリエイターなど

他者との協調や理解、説得や交渉、サービス志向が求められる職業や、抽象的な概念を整理・創出するための知識が必要な職業は、人工知能等での代替が難しい傾向にあるという。

ネット上の反響はさまざま

この推計結果を受けて、ネット上には多くの反響がよせられている。

「仕事がなくなる」と嘆く声が多く見られたが、「自分を磨かなくては」という前向きな意見や「本当であれば移民はそこまで必要ないのでは?」という指摘なども投稿されていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking