「意味わからん…」中国の緑化に100億円拠出という政府方針に異論が殺到

Text by

  • 10
123RF

123RF

政府が、中国で緑化事業を行う民間団体を支援する基金に約100億円を拠出する方針を固めたという。

補正予算で中国緑化事業

政府は3日、「日中緑化交流基金」に100億円弱を拠出する方針を固めたという。

3日に行われた自民党の外交部会などの合同会議で、2015年度補正予算案に「植林緑化支援事業費」を計上する方針を説明した。

「日中緑化交流基金」とは?

「日中緑化交流基金」は、中国で植林や緑化事業を行う民間団体を支援するための基金。1999年に日本政府が100億円を出して創設した。

今年度末に基金が10億円程度に減少することから、政府は事業に青少年交流を加えたり、事業の実施を中国だけでなく第三国や日本へも拡大するなど見直して存続することを目指しているという。

中国との関係改善などが狙い

政府は、植林・緑化事業を通じて、日本と中国の関係改善を図る狙いだ。

さらに、中国の緑化を進めることで、中国から日本に飛来するPM2.5など汚染物質の低減も期待される。

ネット上には「必要あるのか?」という声

中国の植林・緑化事業に100億円を拠出するという政府の方針に、ネット上には反響が殺到。

他にも「到底納得できない」「もう中国は発展途上国じゃない」など、異論が相次いでいる。

自民党議員からも「必要があるのか?」など、反対意見が噴出しているという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking