「他人事ではない…」カフェイン入り飲料を大量摂取した男性の“中毒死”に衝撃が広がる

Text by

  • 3
123RF

123RF

死亡後に法医学解剖された男性が「カフェイン中毒死」と診断され、衝撃が広がっている。

解剖で「カフェイン中毒」と診断

福岡大学法医学教室は、解剖した男性が「カフェイン中毒死」だと警察に報告した。

カフェイン入り清涼飲料水の大量摂取が原因だとみられている。

眠気覚ましに「カフェイン入り飲料」を多用

死亡したのは、24時間営業のガソリンスタンドで深夜~早朝に勤務していた20代の男性。

男性は眠気を覚ますためにエナジードリンクとよばれるカフェイン入りの清涼飲料水を日常的に服用。

死亡する一年ほど前から嘔吐など体調不良を訴えており、死亡当日にも嘔吐して寝込んでいたという。

血液や尿から高濃度のカフェイン

福岡大学の法医学教室が死亡した男性を解剖したところ、胃の内容物や血液、尿から高濃度のカフェインを検出。

また、血中には少量のアルコールが残っており、胃の中にはカフェイン錠剤の可能性がある破片が混じっていた。

同教室は、カフェイン入り飲料の大量摂取が原因の「カフェイン中毒死」と判断。警察に報告したという。

ネット上には「他人ごとではない」という声

日本国内で初めての「カフェイン中毒死」の報告に、ネット上には驚く声が殺到。

「他人ごとではない…」「自分もなりかねない」という声も複数投稿されていた。

「結石」や「流産」リスクの上昇も

カフェインの多量摂取は、体にどのような影響を及ぼすのだろうか?

食品安全委員会は、カフェインの危害要因として次のような項目をあげている。

  • シュウ酸カルシウム結石のリスク上昇の可能性
  • 感受性の高い者には、不眠・頭痛・神経過敏などの影響
  • 子どもの行動に及ぼすリスクが高いといわれている
  • コーヒーのカフェインが300mg/日を超えると、流産率が2倍になるとの報告
  • コーヒーの高摂取で、急性心筋梗塞・心臓発作による死の短期的リスクを高めるとの報告
  • 妊娠中のカフェイン摂取と胎児の低体重リスクの増加に関連性との報告

WHOは、胎児へのカフェインの影響がまだ確定していないことから、妊婦のコーヒー摂取は1日3~4杯までとするべきとしている。

海外では「警告表示」の義務付けも

日本国内ではカフェインの摂取に関する基準は設定されていないが、海外では摂取基準を設けている国も多い。

イギリスでは、高濃度のカフェインは自然流産を引き起こす可能性があるとして、妊娠した女性のカフェイン摂取量を1日に最大200mgに制限するように要求。

カナダでは、カフェインの1日最高推奨摂取量を、健康な成人は400~450mg、妊娠適齢女性は300mg、12歳以下の子どもは2.5mg/kgとしている。

フィンランドでは、高カフェイン飲料には警告表示が義務づけられている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking