高校まで公立でも523万円?文科省の「学習費」調査に嘆きの声

Text by

  • 1
「文部科学省」報道発表

「文部科学省」報道発表

幼稚園から高校卒業までにかかる学習費が、私立と公立で3倍を超える違いがあることが分かった。

「私立」と「公立」で学習費に大きな差

文部科学省は24日、平成26年度の「子どもの学習費調査」の結果を発表。

幼稚園から高校まで全て私立に通った場合の学習費の総額が、全て公立に通った場合の3倍を超えていたことを明らかにした。

「全て私立」は「全て公立」の3.38倍

幼稚園から高校までの15年間の学習費総額は、以下の通り。

  • 全て公立 約523万円
  • 幼稚園のみ私立 約609万円
  • 高校のみ私立 約698万円
  • 幼稚園と高校は私立 約784万円
  • 小学校だけ公立 約1041万円
  • 全て私立 約1770万円

全て私立に通った場合の学費は約1770万円と、全て公立に通った場合(約523万円)の3.38倍となった。

ネット上には「公立でも高い」という声

この調査結果を受けて、ネット上にはさまざまな意見が投稿されている。

「公立に行ってもらうしかない」という声が複数投稿されていたが、中には「全部公立の場合でも十分高い」と嘆く声もあった。

全て公立でも、学校外活動に約300万円

なぜ、高校まで全て公立に行った場合でも約523万円もの学習費がかかるのだろうか?

全て公立に通った場合の学習費の内訳は、次のようになっている。

  • 幼稚園 63万円(教育費約36万円、給食費約6万円、校外活動費約25万円)
  • 小学校 192万円(教育費約35万円、給食費約26万円、校外活動費約131万円)
  • 中学校 144万円(教育費約39万円、給食費約11万円、校外活動費約94万円)
  • 高校 123万円(教育費約73万円、校外活動費約50万円)

学習用品の購入や塾、習い事などの「学校外活動」に合計でおよそ300万円かかっているようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking