「お断り・・・」ポイントカードと“マイナンバーカード”の連携案に、反対意見が続出

Text by

  • 3
「総務省」資料

「総務省」資料

総務省が検討を始めた「ポイントカードとマイナンバーカードの連携」に、反対の声が多くあがっている。

総務大臣が表明

高市総務大臣は5日、総務省の仕事始め式で次のように述べた。

個人番号カードのICチップの空き領域を活用して、民間企業のポイントカードやクレジットカードなどそれぞれのサービスに連携できる仕組みを総務省で構築してみたい

銀行や図書館などのカードやクレジットカード、各種ポイントカードをマイナンバーに一本化できないか検討するという。

総務省内に検討チームを発足し、来年春以降の実現を目指す。

ネット上には「危険」と懸念の声

個人番号カード(マイナンバーカード)とポイントカードなどを一本化させる検討を総務省が始めたことを受けて、ネット上には反響が殺到。

情報漏洩などを懸念し反発する声が多数投稿されていた。

マイナンバーカード普及策か?

なぜ、総務省はマイナンバーカードとポイントカード等の一体化を考えているのだろうか?

政府は平成26年6月に「世界最先端IT国家創造宣言改定」を閣議決定。

マイナンバーカードの普及策として、国や自治体が発行する各種カードを順次マイナンバーカードに置き換えることや「健康保険証機能」をマイナンバーカードに集約することを計画している。

将来的にはスマホにダウンロードしての利用も?

また、中長期課題として「自動車運転免許証」を一元化することも検討。民間事業者のICチップ空き領域利用を解禁し、社員証や診察券、キャッシュカード等に利用することも考えられている。

さらに、ワンカード化を促進し、将来的にはスマホ等のデバイスにダウンロードして代用できるように研究・協議しているという。

セキュリティ対策は?

マイナンバーカードにさまざまなカードを集約して、情報漏えいなどセキュリティに問題はないのだろうか?

総務省の資料によると、マイナンバーカードにはセキュリティ対策として次のような対策が講じられるという。

  • ICカード内には、プライバシー性の高い個人情報は記録されない
  • 各情報毎にアクセス権情報を設定
  • 各カードアプリ間は「ファイアウォール」によりカード内で独立
  • アプリ毎に異なる「暗証番号」を設定
  • ICチップは偽造目的の不正行為への「耐タンパー性」を有する
  • 国際認証である「ISO/IEC15408認証」を取得

資料には「マイナンバーカードを多目的利用することで住民はカードを多く持たずに済み、利便性が向上するメリットがある」と書かれている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking