「どうすれば…」13日に迫る“Internet Explorer”旧版サポート終了に戸惑いの声

2016年01月12日 12時57分

2016年01月12日 12時57分

「Microsoft」HP
「Microsoft」HP

旧バージョンの「インターネット・エクスプローラー」のサポート終了が間近に迫っている。

サポート対象が「最新版」だけに

1月12日(日本時間では1月13日)で、旧バージョンの「Internet Explorer(IE)」のサポートが終了へ。

サポートとセキュリティアップデートの対象となるのは最新バージョンだけとなる。

サポート対象となる最新版IEは?

サポート対象となる最新版IEは次のとおり。

  • Windows Vista →Internet Explorer「9」
  • Windows 7→Internet Explorer「11」
  • Windows8.1→Internet Explorer「11」

Vistaでは「IE9」、Windows7と8.1では「IE11」が最新バージョンだ。

今後、旧バージョンは危険性が高まる

旧バージョンのIEは今後、セキュリティ更新プログラムや修正プログラム、サポートオプション、オンラインテクニカルコンテンツの更新が提供されなくなるため、攻撃を受ける危険性等が高まる。

マイクロソフトは専用ページを作成。使っているIEを最新版にアップグレードするようユーザーに呼びかけている。

「セキュリティ向上」と「負担軽減」が狙い

なぜ、これまで実施されていた旧バージョンIEのサポートが終了されることになったのだろうか?

マイクロソフト社は、その理由を次のように説明している。

提供当時の環境を前提として開発された古いバージョンの IE では、定期的な更新プログラムの適用だけでは対応が難しいケースが現れるようになってきました

また、サポート対象を絞ることで開発や検証に係る負担を軽減させい考えだという。

ネット上には「どうやって変更するのか」という声も

明日に迫った旧バージョンIEのサポート終了を受けて、ネット上には多くの反響がよせられている。

  • これ、知らなかったわ
  • アップグレードしておいた方がいいかな…
  • IEの最新版ってどうすればいいん?
  • どうやって変更?Update?するんだろう……(>_<)
  • 私の周りでもご存じない方が大勢いらっしゃいます
  • 結構大変な話
  • 明日から混乱するな

知らなかったと驚く声や対応に戸惑う声などが見られた。

最新バージョンIEのダウンロードはマイクロソフト社のHPから行うことができる。

注目の記事