「最悪だ…」4K番組は“録画禁止”になるかもしれないとわかり、衝撃が広がる

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

「4K」放送の番組は録画禁止になるかもしれないことが分かり、衝撃が広がっている。

東京オリンピックまでの普及を目指す

現在、官民一体となって超高精度なテレビ放送「4K」「8K」の普及を推進している。

総務省のスケジュールでは、今年度にBSでの試験放送を始め、2018年にはBSやCSでの実用放送をスタート。

2020年東京オリンピック・パラリンピックで多くの中継を4K・8Kで放送することを目指すとされている。

複製禁止について話し合い中?

その「4K」放送について、録画が禁止される恐れがあるとささやかれている。

4Kテレビ放送の実現を目指す団体「次世代放送推進フォーラム」が先月末に公開した運用規定で、無料番組や有料放送の「複製禁止」について「未定」と記されているためだ。

民放局が「録画禁止」を提案か

デジタル放送では放送側が番組の録画の可否などを設定することが技術的には可能だが、これまで録画禁止の運用は「不可」とされていた。

しかし、民法テレビ局各社が「無料放送の録画禁止」を可能にするように強く提案しているため、新たな運用規定では「録画禁止」の項目が「未定」となっているという。

今後の話し合いで「未定」が「運用可」となれば、録画禁止が可能になるかもしれない。

ネット上には反発する声が続々

4K放送の番組が録画禁止になるかもしれないという事を受けて、ネット上には反響が殺到。

録画禁止に反発する声が多い。

テレビから動画配信へ?

また、ネット上には録画禁止にすることでテレビ離れが加速するのではないかという見方も複数よせられていた。

現在、テレビ離れが進んでいる。

NHKが昨年行った調査によると、テレビを長時間見る人が減っており、テレビを全く見ないという人や短時間しか視聴しないという人が増加。

テレビに対して「大好き」「話題になっている番組は見たい」など肯定的な回答が減っている一方で、「好きな番組でも、決まった時間にみるのは面倒」といった意見が増えているという。

ネット上にも、こんな声が。

動画配信市場は2019年には2020億円まで成長すると推定されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking