米国からの訪日客も100万人を突破!訪日外国人数が過去最高の伸び率に

Text by

  • 7
「JNTO」HP

「JNTO」HP

日本を訪れる外国人の数がついに出国する日本人の数を上回った。

前年比47.1%と過去最大の伸び率

日本政府観光局(JNTO)は19日、2015年の訪日外国人数が過去最高の1973万7千人だったと発表した。

前年比47.1%と統計開始以来最大の伸び率で、45年ぶりに訪日外国人数が出国日本人数を上回った。

訪日プロモーションなどが効果

JNTOは訪日外国人数が過去最高となった要因を次のように分析。

  • クルーズ船の寄港増加
  • 航空路線の拡大
  • 燃料サーチャージの値下がりによる航空運賃の低下
  • 継続的な訪日旅行プロモーションによる需要拡大

さらに「円安による割安感の定着」や「ビザの大幅緩和」、「消費税免税制度の拡充」なども後押ししたと説明している。

消費額も過去最高

訪日外国人による消費額も3兆4771億円と過去最高に。前年比71%増と大きな伸びとなった。

中でも大きかったのが、中国人による「爆買い」。訪日外国人による消費のうち、1兆4174億円が中国人訪日客によるものだった。

ネット上には「半端ない」という声

訪日外国人数とその消費額が過去最高となったことを受けて、ネット上には反響が続々。

驚く声もあったが「どうりで外国人が多いわけだ」と納得する声も複数投稿されていた。

東アジア以外からの訪日客も増

訪日外国人といえば、韓国や中国、台湾など東アジアからの訪日客が主だが、2015年は東アジア以外からの訪日客も増加した。

主要20市場のうちロシアを除く19ヶ国からの訪日客が過去最高を記録。

中でも米国からの訪日客数は前年比15.9%増の103万人となり、東アジア以外の国で初めて100万人を突破した。

訪日米国人の100万人達成を受けてJNTOは感謝キャンペーンの実施を計画。

ANAやJALの協力を得て、特別割引運賃やペア往復航空券が当たる懸賞キャンペーンなどを実施し、更なる訪日を促進するという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking