文化の違い?カタールの学校で「白雪姫」が“わいせつ”と撤去され、驚きが広がる

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

カタールの首都にある学校の図書館から「白雪姫」が撤去された。

図書室から「白雪姫」を撤去

カタールの首都ドーハにある私立学校で、図書館から「白雪姫」の絵本が撤去される事態となった。

児童の保護者から「わいせつ」などと抗議があったためだ。

父親から「性的なものを連想」と抗議

「白雪姫」の絵本が撤去されたのは、カタールにある3~18歳の児童が通うスペイン系インターナショナルスクール。

ある児童の父親が教育委員会に「白雪姫」の絵本のイラストや文章に「わいせつな絵」や「性的なものを連想させる表現」があると猛抗議したという。

校長が謝罪

教育委員会からの指導を受けて学校の校長は次のようにコメント。

故意ではないが不快な思いをさせた恐れがあり、公式に謝罪する

謝罪し、学校の図書館から「白雪姫」の絵本を撤去した。

ネット上には驚きの声

「白雪姫」がわいせつという理由で撤去されたことを受けて、ネット上には反響が続々。

他にも「そんな馬鹿な」「理解に苦しむ…」など驚く声が多かったが、「まぁ、文化的宗教的にいろいろ違うしねぇ」「仕方ない」といった反応もあった。

敬虔なイスラム教徒の国

「白雪姫」を撤去した学校のあるカタールとは、どのような国なのだろうか?

カタールは中東にある国家。

「外務省」HP

「外務省」HP

カタール人は敬虔なイスラム教徒で、女性は体の線を出してはいけないとされている。

イスラム教の戒律により、公立学校や政府の補助を受けている学校は男女別。結婚は見合いで、従兄妹婚が主流だという。

「プーさん」禁止の町も

文化や宗教、考え方の違いなどで、他の地域では問題ないとされていることがそのエリアでは禁じられるケースは他にもある。

ポーランド中部のトゥシン町では、子どもの遊び場で「くまのプーさん」の使用が禁止されている。

上着だけしか来ておらず「半裸」ということや、プーさんの名前「ウィニー・ザ・プー」の「ウィニー」は通常女の子に付けられる名前なのに吹き替えが男ばかりで「性別があいまい」という理由からだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking