治療薬は5~10年後?加齢による「薄毛」の仕組みが解明され話題に

Text by

  • 1
「東京医科歯科大学」プレスリリース

「東京医科歯科大学」プレスリリース

加齢による「薄毛・脱毛」の仕組みが明らかになったという。

東京医科歯科大学が発表

東京医科歯科大学は5日、歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明したと発表した。

加齢で毛が薄くなるのは、毛をつくる幹細胞が表皮となってはがれおちるためだという。

毛包幹細胞がフケや垢に

研究チームは、マウスも歳をとると毛が薄くなることに注目し、マウスで毛を作り出す細胞のもととなる「毛包幹細胞」を追跡調査した。

その結果、加齢に伴って毛包幹細胞が自己修復しなくなり、毛をつくる細胞を生み出す代わりに表皮の細胞になってフケや垢としてはがれ落ちていくことが判明。

それによって、毛根を包み込む毛包がミニチュア化し、生えてくる毛が細くなり失われていくという。

コラーゲンが脱毛防止に効果?

また、毛包幹細胞が毛をつくる細胞を生み出さなくなるのは、コラーゲン(XVII型)が分解されて失われることで起こると判明。

加齢によるXVII型コラーゲンの枯渇を抑えることで脱毛に効果があることが分かった。

ネット上には「治療薬を早く」という声

歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明したという発表を受けて、ネット上には反響が続々。

賞賛の声や「早く治療薬を開発して」と切望する声などが多く見られた。

治療薬ができるのはいつ?

加齢による薄毛の仕組みが解明されたということだが、治療薬はいつできるのだろうか?

東京医科歯科大学の西村栄美教授は次のように述べている。

コラーゲンがなくなるのを抑え、脱毛を防ぐような治療薬を5~10年で開発したい

また、今回の研究成果は脱毛の治療だけでなく、その他の加齢関連疾患の治療につながることも期待できるという。

海外では「幹細胞から毛を生やす」研究も

薄毛に関する研究は世界各国で行われている。

米国サンフォード・バーナム医学研究所の研究グループは昨年、髪の毛を再生する治療法を開発したと発表した。

あらゆる細胞になれる能力をもつ「多能性幹細胞」をマウスの皮膚に移植したところ、幹細胞が毛を生やす細胞に変化し、その細胞から毛が伸びることが確認できたという。

今後、人体での臨床実験が計画されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking