「内需ズタボロ…」GDP年率1.4%減という発表に、嘆きの声

2016年02月15日 13時10分

2016年02月15日 13時10分

「内閣府」資料
「内閣府」資料

年率▲1.4%というGDP速報値に衝撃が広がっている。

2015年10~12月の速報値が発表

内閣府は15日、2015年10~12月のGDPの1次速報値を発表した。

それによると、2015年10~12月期の実質GDP成長率は▲0.4%。年率に換算すると▲1.4%だった。

「個人消費」や「住宅投資」などが低迷

項目別の動きは、以下のとおり。

  • 国内需要 ▲0.5%
  • 民間需要 ▲0.6%
  • 消費支出(個人消費) ▲0.8%
  • 住宅投資 ▲1.2%
  • 企業の設備投資 1.4%増
  • 公的需要 ▲0.1%
  • 政府最終消費支出 0.5%増
  • 公共投資 ▲2.7%

個人消費や住宅投資など、国内需要が落ち込んだ。総務省が発表した家計調査でも、2人以上世帯の消費支出は低迷。

「総務省」HP

「総務省」HP

2015年9月から4ヶ月連続でマイナスとなっている。

ネット上には嘆きの声が続々

年率▲1.4%というGDP速報を受けてネット上には反響が続々。

他にも「内需ズタボロ・・・」 「我が国の経済は大丈夫か?」など嘆く声や、日本経済の先行きを不安視する声が多数投稿されていた。

「追加緩和」や「マイナス金利拡大」を実施か?

今回のGDP速報値を受けて、何らかの景気対策が行われるのだろうか?

政府はアベノミクス第2ステージとして実質2%の経済成長を目標とし、600兆円経済の実現を目指している。

年率▲1.4%というGDPのマイナス成長受けて、日銀が「追加緩和」や「マイナス金利の拡大」を検討する可能性があるのではないかと見られている。

注目の記事