「派遣」の平均時給が1626円に!32ヶ月連続で前年同月比プラス

Text by

  • 1
「リクルートジョブズ」Press Release

「リクルートジョブズ」Press Release

3大都市圏の派遣スタッフの時給が前年同月より4%上がった。

人材確保のため時給を上昇か

リクルートジョブズは15日、2016年1月度の「派遣スタッフ募集時平均時給調査」の結果を発表した。

それによると、3大都市圏の派遣スタッフの募集時平均時給は32ヶ月連続で前年同月比プラスに。

雇用環境の改善で人材確保が難しくなっているため、募集時給が上昇しているとみられる。

関東は平均時給1704円

3大都市圏の平均時給は1626円と、前年同月より62円(4%)増加した。エリア別の平均時給は以下のとおり。

  • 関東 1704円(前年同月より4.5%増)
  • 東海 1404円(前年同月より1.7%増)
  • 関西 1416円(前年同月より1.1%増)

3大都市圏全てで平均時給が前年同月よりプラスに。特に関東エリアは、前年同月より74円(4.5%)も平均時給が上昇した。

「IT系」「クリエイティブ」が高時給

平均時給を職種別にみると、次のようになっている。

  • オフィスワーク系 1477円(前年同月より1%増)
  • 営業・販売・サービス系 1400円(前年同月より3%増)
  • IT・技術系 2041円(前年同月より3.1%増)
  • クリエイティブ系 1725円(前年同月より5.4%増)
  • 医療介護・教育系 1416円(前年同月より0.4%減)

職種をさらに詳しくみると、前年同月より最も平均時給が増えたのは「介護関連」で、平均時給が181円(13.9%)上昇。

次いで、IT・技術系の「運用管理・保守」(94円増)、クリエイティブ系の「Web関連」(91円増)だった。

ネット上には「交通費が自腹」と嘆きの声も

派遣スタッフの平均時給が上昇しているという発表に、ネット上の反応は。

  • 派遣(時給だけ)最強っすわ
  • 派遣社員になりたいな
  • 時給いいけど入らないと稼げない
  • 交通費が自腹
  • 健康診断、有給が無い若しくは少ない

中には「派遣社員になりたい」という声もあったが、「交通費が出ない」など他の待遇を嘆く声もみられた。

「賞与」や「退職金」など待遇に差

派遣社員など非正規労働者は、給料額だけでなくさまざまな待遇でも正社員と差がある。

賞与支給制度があるのが正社員は86.1%なのに対し、非正規は31%。退職金制度があるのも正社員は8割以上なのに対して、非正規では1割未満。

さらに、働く女性が第1子を妊娠・出産後に育休を取って復職できた割合は、正社員43.1%に対してパート・派遣等はわずか4%に留まっている。

生涯賃金に約2.5倍の格差

内閣府の資料によると、正規と非正規では生涯賃金に約2.5倍の格差があるという。

「内閣府」資料

「内閣府」資料

正社員は50代まで賃金が伸びるのに対し、非正規の賃金は30歳以降ほとんど伸びがみられなくなる。また、失業に陥るリスクも派遣社員は正社員よりも高い。

政府が一億総活躍プランの骨格に掲げている「同一労働同一賃金」や「非正規雇用労働者の待遇改善」といった働き方改革により、派遣など非正規労働者の待遇はどう変わるのだろうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking