斬新!越前たんす職人が開発した「キャリーバッグ」がスゴイ

Text by

  • 10
「ファニチャーホリック」HP

「ファニチャーホリック」HP

越前たんすのキャリーバッグが開発され、話題となっている。

タンスをキャリーバッグに

福井県の越前たんす職人が「越前たんすのキャリーバッグ」を開発した。

重さは約9キロで価格は20~30万円。引き出しの数や大きさは注文で変えられる。飛行機内に持ち込めるサイズで、軽く腰かけられる強度があるという。

伝統工芸を現代風に

開発したのは、福井県の越前たんす職人山口祐弘さん。

近畿大学理工学部を卒業後、建設機メーカーで設計開発を担当。長野県の技術専門学校で木工を学んだ後、家具メーカーに入社。

2010年に故郷の越前市に戻り工芸の伝統技法を習得し、2012年に家具製作会「Furnitureholic(ファニチャーホリック)」を設立。

福井の伝統工芸を現代風にした新商品を作る「7人のサムライ」という団体のメンバーの1人として活動しており、先月には東京新宿の京王百貨店でたんすキャリーバッグ等を販売した。

開発のきっかけは?

越前たんすキャリーバッグを開発したのは、福井市内で開かれたファッションショーに向けて仲間から「越前たんすを使ってファッションアイテムを作れないか」と言われたのがきっかけ。

越前たんすキャリーバッグはファッションショーで話題となり、多くの反響を集めたという。

制作者「ライフスタイルに合ったタンスを」

開発者の山口祐弘氏は越前たんすについて、次のようにコメント。

昔の姿を再現するだけでなく、今のライフスタイルに合い、必要とされる箪笥を製作したい

お客様のニーズに寄り添う製品を世に出すのが夢だと語っている。

ネット上でも「カッコいい」と好評

越前たんすのキャリーバッグに、ネット上には反響が殺到。

  • これ、いいな
  • しぶい
  • 凄いインパクト
  • 斬新!
  • この発想がすごい!
  • これで海外旅行行きたい
  • 遂にタンスを持って旅に出る時代が到来したか
  • 箪笥の角に小指をぶつけることが街中でも可能になった

「角が危ない」「重そう」といった声もあるが、「カッコいい」「欲しい」など注目が集まっている。

機内に持ち込める?

ファッションショーでの「機内に持ち込めたら!」という反響を受けて、山口さんは越前たんすキャリーバッグを機内に持ち込めるサイズに改良したという。

航空会社のホームページには、身の回り品の他、3辺の合計が100センチ以内(幅45センチ、高さ35センチ、奥行20センチ以内)で10k以内なら機内への持ち込みが可能だと書かれている。

たんすを持って旅する時代が来るかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking