飛ばし記事?日経が「任天堂Wii U生産終了」と報じ、騒ぎに

Text by

  • 0
「任天堂」HP

「任天堂」HP

任天堂が「Wii U」の生産を終了すると報じられ、衝撃が広がっている。

日経「年内にも生産終了」と報道

日本経済新聞は23日、任天堂が年内にもゲーム機「Wii U」の生産を終了するという記事を掲載した。

報道によると、販売不振が原因で、すでに一部の部品は生産を中止。早ければ年内にも部品の在庫が無くなる見込みだという。

販売実績1260万台

「Wii U」は2012年に発売されたゲーム機。コントローラーにも画面がついており、テレビが無くてもプレイできるのが特徴。

販売実績は2015年12月末時点でハード1260万台、ソフト7930万本。

2月に発表された第76期第3四半期報告書によると、昨年発売された「Splatoon(スプラトゥーン)」は406万本、「スーパーマリオメーカー」は334万本の大ヒットを記録したという。

報道を受け株価が下落

任天堂がWii Uの生産を終了するという報道を受けて23日、任天堂の株価は一時下落。

Yahoo!ファイナンス「任天堂(株)」

Yahoo!ファイナンス「任天堂(株)」

10時6分には、前日終値より270円下がった。

ネット上には「本当なの?」という声

「Wii U」生産終了報道はネット上でも話題となっており、反響が殺到。

任天堂の公式発表ではないことから「飛ばし記事では…」という声も出ている。

過去に、飛ばし記事を任天堂が否定

過去に、日本経済新聞が任天堂についての飛ばし記事を掲載し、騒動となったことがあった。

2012年6月5日に日経新聞が「Wii U」に関して、通信カラオケなどの新たな機能を説明する記事を朝刊に掲載。

この記事に対して任天堂は、「当社が発表・事実確認したものではなく、数多くの間違いが含まれた全くの憶測記事です」というコメントを発表した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking