高速道の最高速度が120kmへ!事故発生率の低い区間が対象

Text by

  • 1
123RF

123RF

高速道路の最高速度が引き上げられる。

100キロ→120キロへ

警察庁は24日、高速道路の一部区間の最高速度を120キロへ引き上げる方針を固めた。

2017年以内に「新東名」と「東北道」の最高速度を110キロに引き上げて試行。その検証結果を踏まえて、全国の高速道路でも一部区間での引き上げを検討する。

昭和38年から時速100キロ制限

高速道路における普通自動車等の最高速度は、高速道路が開通した昭和38年以降、時速100キロと定められている。

しかし、実際には100キロを超えて走行する車が多く実態に合っていないという指摘があり、警察は最高速度の引き上げを検討していた。

対象区間は?

最高速度が引き上げられるのは、高速道路のうちカーブや勾配が緩やかで事故発生率が低い区間が対象。

2017年以降に「新東名」と「東北道」の以下の区間で110キロへの引き上げの試行が予定されている。

  • 新東名「御殿場~浜松いなさJCT間」(144.6km)
  • 東北道「花巻南~盛岡南IC間」(30.6km)

なお、トラックなど大型貨物車は現行の時速80キロを維持するという。

ネット上に反響が続々

高速道路の制限速度が引き上げられることを受けて、ネット上には反響が殺到。

喜ぶ声が多い。

一方で、こんな意見も。

「事故が増えるのでは」「怖い…」など不安を訴える人もいた。

海外には「速度無制限」区間も

欧州では、高速道路の制限速度を日本の100キロより高く設定している国が多い。オーストリアやフランス、イタリアの制限速度は時速130キロで、ポーランドは時速140キロ。

ドイツでは推奨速度は時速130キロとされているが、速度無制限区間もある。

静岡県は「時速140キロ」を提案?

高速道路の最高速度が時速120キロに引き上げられる方針だが、静岡県はかつて「時速140キロ」への引き上げを提案していたという。

新東名の設計速度は時速140キロ。静岡県は交通ネットワークビジョンで、実勢速度と安全性を検討したうえで、速度規制の緩和にも取り組んでいく必要があるのではないかと述べていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking