都立校も「ピラミッド」休止へ…ネット上の反応は賛否両論

Text by

  • 0
123RF

123RF

都立学校で組体操の「ピラミッド」と「タワー」がいったん中止されることになった。

「ピラミッド」と「タワー」をいったん中止へ

東京都は24日、2016年度は都立学校で組体操の「ピラミッド」と「タワー」を原則として休止する方針を決めた。

実施を強く希望する学校には具体的な安全対策計画を提出させて検討。

なお、2017年度以降の実施については、実態調査の結果に基づき検討するという。

安全対策が間に合わないため

「ピラミッド」と「タワー」の中止を決めたのは、安全対策の検討が間に合わないため。

日本スポーツ振興センターによると、小学校の体育祭・運動会で発生したケガの1割超が「組体操」によるもの。

「JAPAN SPORT COUNCIL」HP

「JAPAN SPORT COUNCIL」HP

都内の小中高校で2014年度、組体操による事故で医療機関を受診したのは728件。

組体操の中でも、特に「ピラミッド」と「タワー」は危険性が高いとされており、骨折などの重傷になるケースも多い。

野田市は「組体操」を全面廃止へ

「ピラミッド」や「タワー」禁止の流れは、複数の自治体で広がりをみせている。

大阪市教育委員会は先月9日、市立小中高校で「ピラミッド」と「タワー」を禁止する方針を決定。

東京都北区も、区立小中学校で組体操の「ピラミッド」や「タワー」を行わないという基準を発表。

千葉県野田市は先月、市内の全市立小中学校で「組体操」を全面廃止にすると公表した。

ネット上にはさまざまな意見

相次ぐ組体操の「ピラミッド」「タワー」中止を受けて、ネット上には反響が殺到。

賛成意見もあるが。

批判の声も。

賛否両論の声が投稿されている。

「騎馬戦」も

安全面の問題で、組体操の「ピラミッド」や「タワー」だけでなく「騎馬戦」を中止する学校も増えている。

福岡県の高校で2003年、男子生徒が騎馬戦で落下し、首から下がほぼまひ状態となる事故が発生。

福岡地裁は2015年、学校が安全配慮義務を怠ったとして、福岡県に約2億円の賠償を命じる判決を下した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking