シェア

祝日が増える?11月3日を「明治の日」にという運動が行われている

fotolia

fotolia

11月3日を「明治の日」にしようという運動が行われている。

もうすぐ明治維新から150年

再来年(2018年)は明治維新から150年目となる年。

菅官房長官は7日、閣僚懇談会で「明治150年に向けた関連施策」を検討していることを明らかにした。

各地でのイベント支援や資料収集・保存など、明治150年記念事業が国家プロジェクトとして行われる見通しだ。

「明治の日」制定を望む声

この菅官房長官の発言を受けて、「明治の日」の制定を目指す団体が緊急声明を発表した。

明治の日制定を目指す「明治の日推進協議会」は次のようにコメント。

11月3日を「明治の日」に改めるように訴えた。

なぜ11月3日が「明治の日」?

なぜ11月3日を「明治の日」にしようという動きがあるのだろうか?

11月3日は明治天皇の誕生日で、1926年から1947年までは「明治節」と呼ばれる祝日だった。

しかし1948年(昭和23年)、祝日法の制定で明治節は廃止に。11月3日は日本国憲法の公布日であることから「自由と平和を愛し、文化をすすめる『文化の日』」となった。

60万超の署名が集まっている

11月3日を本来の由緒に基づく「明治の日」にして、明治時代を振り返ることを通じて国民としてなすべきことを考えるきっかけにした方がよいとして、「明治の日」制定を目指す民間団体が誕生。

政治家や大学教授など有識者も複数賛同しており、すでに60万筆を超える署名が集まっているという。

「みどりの日」→「昭和の日」に

祝日が改正された例は、過去にもある。

4月29日はもともと「天皇誕生日」という祝日だったが、1989年に昭和天皇が崩御されたことを受けて「みどりの日」になった。

しかしその後、国民などからの要望を受けて2007年に祝日法が改正されて「昭和の日」に。「みどりの日」は5月4日に移動した。

ネット上の反応は賛否両論

「明治の日」が制定されることを、世間の人々はどう考えているのだろうか?ネット上には多くの反響がよせられている。

  • いいのでは
  • 明治の日にして欲しい
  • 元々そういった日でしょう?
  • 祝日になるのかな?
  • それなら6月に作ってほしい
  • 大正の日は?江戸の日は?鎌倉の日は?
  • ノスタルジーのために税金使うのやめて

賛否両論の声が投稿されていた。

ちなみに「また祝日が増える?」と期待する声もあるが、「文化の日」の名称を「明治の日」に改めようという動きなので、「明治の日」ができても祝日は増えないかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking