シェア

日本初の「育毛祈願列車」が運行決定!増毛の聖地“髪毛黒生駅”へ行こう

「メソケアプラス」プレスリリース

「メソケアプラス」プレスリリース

「育毛」をテーマにした特別列車の運行が決まった。

「髪毛黒生・黒髪祈願号」が運行

ヘアケア商品の製造・販売を行う「メソケアプラス」は1月10日、千葉県銚子市の銚子電鉄で日本初の育毛をテーマとした特別列車「髪毛黒生・黒髪祈願号」を運行すると発表した。

「メソケアプラス」リリース

メソケアプラス」リリース

「黒髪祈願」のヘッドマークを付けた特別列車が、1月23日~2月27日まで週2日、計12日間運行する。

1日の予定本数は14~32本。記念すべき1番列車は1月23日に仲ノ町駅を5時37分に出発する下り列車だ。

2015年「髪毛黒生駅」が誕生

日本初の育毛列車の運行には、次のような経緯がある。

銚子電鉄は2015年、経営が年々厳しさを増していることから、打開策として「駅名愛称のネーミングライツ」を販売。

計6社が命名パートナーとなり、同線の「笠上黒生(かさがみ くろはえ)駅」にメソケアプラスが「髪毛黒生(かみのけ くろはえ)駅」という愛称を付けた。

「メソケアプラス」プレスリリース

メソケアプラス」プレスリリース

髪に良いとされる「本物の昆布で作られた記念入場券」も販売。

「メソプラス」プレスリリース

メソケアプラス」プレスリリース

インターネット上を中心に大きな話題となった。

大人気で期間を延長

愛称の使用期間は2016年12月1日までの1年間だったが、大勢の人が「髪毛黒生駅」に足を運ぶようになり、中には頭皮を気にして駅名看板に手を合わせる人も。

そこで、メソケアプラスはネーミングライツの期間を1年間延長するとともに、2017年の1月限定で初詣用の駅名看板を設置した。

「メソケアプラス」Press Release

メソケアプラス」Press Release

すると、実際に正月三が日に“駅詣”をする人が現れて大好評。日本初の育毛列車「髪毛黒生・黒髪祈願号」を運行することを決めたそうだ。

同社は「この機会に、さらに多くの方に銚子に足を運んでいただきたい」と述べている。

日本唯一の増毛を願う駅

増毛を願う人が訪れる駅として、2016年までは「髪毛黒生駅」と共にJR北海道留萌本線の「増毛(ましけ)駅」が増毛の聖地として人気を集めていた。

しかし、12月4日に留萌本線(留萌~増毛間)の営業終了により増毛駅は廃駅に。

残された唯一の増毛祈願駅として、「髪毛黒生駅」に注目と期待が集まっている。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking