【グルメサイト利用調査】総合力の「ぐるなび」がどの年代でもトップに

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、20代~80代の男女4,659名(女性2,767名、男性1,892名)を対象に「グルメサイト」に関するアンケート調査を実施した。

利用しているグルメサイトについて聞いたところ、全体では「ぐるなび」62.9%、「ホットペッパー」47.4%、「食べログ」46.4%、「利用しない」25.2%という結果に。年代別に見ると、「20代」64.5%、「30代」67.0%、「40代」65.6%、「50代」60.3%、「60代」48.0%、「70代以上」47.8%と、いずれの年代でも「ぐるなび」がトップとなった。

グルメサイトの利用シーンについては、「ぐるなび」と「ホットペッパー」では「複数で集まるとき」がトップに。次いで、「慣れない土地で食事をするとき」、「いつもと違うお店に行きたいとき」「食べたいものがあるお店を探すとき」などとなった。一方、「食べログ」は、「複数で集まるとき」27.8%、「慣れない土地で食事をするとき」45.5%、「いつもと違うお店に行きたいとき」38.1%、「食べたいものがあるお店を探すとき」34.7%という結果に。「ぐるなび」や「ホットペッパー」が複数で集まる飲み会などで利用されるているのに対し、食べログは個人的な食事シーンでの活用が多いようだ。

グルメサイトで参考にする項目については、どのサイトでも「地図」や「メニュー」の確認をしている人が多い。サイト別に見ると、「ぐるなび」では「営業時間」、「予算」、「クーポン」「アクセス方法」など、さまざまな項目を総合的に見ている一方、「ホットペッパー」では「クーポン」、「食べログ」では「口コミ・評価」を参考にする傾向がある

明日から仕事始めという人も多いはず。新年会の会場探しに、またグルメサイトが盛り上がることだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking