日本人に根強いiPhone人気、販売シェアは世界最大の7割に 欧米諸国はシェア低下の傾向

Text by

  • 18
iphone

カンター・ジャパンは、2013年9月から11月に実施した携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向についての調査を実施した。調査対象は、日本、アメリカ、ドイツ、フランスなどの9か国に住む16歳以上(イギリスは13歳以上)の男女10,000人。

まず、過去1か月間の間に購入したスマートフォンの機種について質問したところ、日本では「iPhone」と回答した人は69.1%、「Android」と回答した人が30.0%という結果になった。

一方、その他の国について見てみると、アメリカは「iPhone」が43.1%、「Andoroid」が50.3%、イギリスは「iPhone」が30.6%、「Andoroid」が55.7%、ドイツは「iPhone」が17.3%、「Andoroid」が74.7%となり、日本でのiPhone人気が突出していることが分かった。

さらに、各国のiPhone販売シェアについて2012年9月から11月に行った調査結果と比較したところ、スペインを除く7ヵ国でiPhoneシェアは前年を下回っており、徐々に別機種へ流れていることが見て取れる。

カンター・ジャパンによると、iPhoneの新機種販売は良好だが、欧米諸国ではWindows Phone などが少しづつシェアを拡大していることが要因だとしている。果たして、日本でのiPhone人気はいつまで続くのか、各国との差に注目だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking