節約主婦感激!米MITの学生が、ケチャップを最後まで使いきれるボトルを発明

Text by

  • 34
flickr_gfrison

flickr_gfrison

ハーバード大学を上回るノーベル賞受賞者を輩出する米マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生の研究チームが、超実用的な世紀の大発明を発表した。

ケチャップやマヨネーズのボトルの内側を、超ツルツルにコーティングするという技術。実用化されれば、ボトルにこびりついたケチャップやマヨネーズと格闘する必要がなくなる。

Co.Exist

Co.Exist

Co.Exist

Co.Exist

MITの研究チームは、ソース、ゼリー、ジャムなどケースの応用されることで、年間で食品の約100万トンが節約できると推測してる。MITの起業家コンテストでは、2位で賞金約16万円(2000ドル)に留まったものの、ハインツやカゴメなど大手食品メーカーに採用されれば、桁外れなライセンス料が入ることだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking