世界最大のイリエワニがいる水槽に沈められる世界一恐いテーマパーク

Text by

  • 11
Flickr_elrina753

Flickr_elrina753

フィリピン南部ミンダナオ島で人間2人を食い殺したとして昨年9月に捕獲された巨大な雄のイリエワニが、ギネス・ワールド・レコーズに1日、捕獲されたワニでは世界最大と認定された。ロロンと名付けられたこのワニは体長6.17メートル、体重は約1075キロと1トンを超えた。

上野動物園や熱川バナナワニ園で凶暴で巨大なイリエワニを見ることができるが、4年前にオープンしたオーストラリアのクロコザウルス・コーヴではギネス級の恐怖体験が味わうことができる。厚さがわずか4センチのアクリル板で囲まれた檻に入り、イリエワニがいる水槽に沈められるというアトラクション。その名も「死の檻(Cage of Death)」だ。

どう猛なイリエワニが自分を食べようする恐怖体験を15分間楽しむことができるという。料金は約9500円(120ドル)。

死の檻の定員は2名。本当に狭い。

Flickr_elrina753

イリエワニを挑発すれば、檻を噛みつくことも。

Flickr_elrina753

デジカメで死の檻から撮影もできる。

Flickr_elrina753

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking