都心に “トマトの自販機” 登場!「東京マラソン2014」公認トマトで、カゴメがランナーを応援!

2014年01月22日 16時26分

2014年01月22日 16時26分

tomato

カゴメは『東京マラソン公認トマト』が購入できるトマトの自動販売機を1月22日~2月23日の数量・期間限定で、皇居ランナーなどが利用するランナーサポート施設に設置。ランナーの『トマトローディング』を応援する。

『トマトローディング』とは、毎日の食事にトマトを積極的に取り入れることで、トマトが持っている運動サポート効果を効率的に最大限活用する食事トレーニングである。 

販売される『東京マラソン公認トマト』は、リコピン含有量が約1.5倍、色の鮮やかさとトマト本来のおいしさが特長の『高リコピントマト(400円)』、みずみずしく、ほんのり甘いのが特長で、小粒で食べやすいため走りながらでも効率的に摂取できる『ちいさなももこ(300円)』の2種。設置場所は、半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」(東京都千代田区麹町1-7 FMセンター地下1F)。

トマト自動販売機は、冷蔵管理され、2日に1回トマトを入れ替えるそう。また、購入時は、キャッチャーメカが作動しトマトを送り出すので、トマトを傷めずに取り出すことができるとか。

今回のトマト自販機設置は、2月23日に開催される「東京マラソン2014」に協賛するカゴメが、ランナーに提供する『東京マラソン公認トマト』を期間限定で一般のランナー向けに販売するもの。2種のトマトは「東京マラソン2014」では、36,000人のランナーに計72,000個、提供される予定だ。

注目の記事