田中美佐子が17歳・女子高生役に挑戦!19歳・土屋太鳳とBSドラマで “入れ替わり”

Text by

  • 0
NHKオンライン  ドラマ「今夜は心だけ抱いて」サイト

NHKオンライン ドラマ「今夜は心だけ抱いて」サイト

3月4日スタート、NHK BSプレミアムドラマ『今夜は心だけ抱いて』の完成記者会見が19日、都内で行われ、主演の田中美佐子、土屋太鳳(つちやたお)、中川大志らが出席。今回、17歳の女子高生役に挑戦した田中は「若い時は1度経験しているので(気持ちは)わりと戻りやすかった」ものの、実年齢との”37歳差”の役に「体の動きは、つらかった」と、本音をもらした。

ドラマは、小説家・唯川恵氏の同名小説が原作で、12年ぶりに再会した47歳の母・柊子(田中)と、離婚した夫との間に生まれた17歳の娘・美羽(土屋)の心が、ある事故によって入れ替わり、それぞれが思いもしなかった別の人生を体験するというストーリー。

田中は、入れ替わる役どころに「役者として1度はやってみたいと思っていた。(オファーがあった時は)飛び上がるくらいうれしかった」と、喜びつつも「最近、日常生活では事の始まりがゆっくりになっていたので、切り替えるのはかなり努力した」と、苦労も語った。

また、47歳役に挑んだ19歳の土屋は、撮影が進むにつれ「おばさんぽくなったね」と、スタッフに言われることが多くなったそうで、「娘を見る時の目の表情が難しかったし、気をつけて演じた」と、撮影を振り返った。

NHK BSプレミアムドラマ『今夜は心だけ抱いて』は、3月4日スタート、毎週火曜23:15~の放送で全8話。脚本は「リミット」「タンブリング」などの清水友佳子氏らが担当する。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking