ソチ五輪閉幕!歴代2位のメダル獲得&メダル数以上の感動ドラマ!

Text by

  • 0
JOC公式サイト

JOC公式サイト

23日夜(日本時間24日未明)、17日間にわたって繰り広げられたソチ五輪が閉幕、ロシア南部・ソチのフィシュト五輪スタジアムで閉会式が行われた。
 今回の大会には、史上最多の88ヶ国・地域から約2,900人の選手が参加、7競技、98種目で熱戦を繰り広げた。

日本選手団は、1998年長野五輪の10個に次ぐ歴代2位、海外では最多の8個(金1、銀4、銅3)のメダルを獲得した。閉会式では、5位に入賞したカーリング女子の小笠原歩選手が開会式に続いて旗手を務め、日本選手団は日の丸とロシアの小旗を手に笑顔で会場を歩いた。

閉会式では、”海と空”をイメージした700人の出演者による美しく壮大なパフォーマンスが披露され、人文字で五輪マークを作るというクライマックスでは、右上の輪だけなかなか開かないという演出もされた。
 7日の開会式では、会場につるされた巨大な五つの雪の結晶が、五輪マークへと変化する予定だったが、右上の輪が開かず「四輪」になってしまったというハプニングがあった。それを逆手にとったユーモア溢れる演出に、ざわめきが起こったものの、無事5つめの輪が開いた瞬間、会場から歓声があがった。また、メダル獲得数は、開催国のロシアが33個(うち金メダル13個)を獲得しトップだった。

日本選手団も、フィギュアスケート男子初の羽生結弦選手の金メダル、スノーボード男子ハーフパイプ・平野歩夢選手(15)が日本の冬季五輪メダリスト・最年少でとった銀メダル、ジャンプ男子ラージヒル・葛西紀明選手(41)が最年長でとった銀メダルと、いくつもの記録を塗り替えた。メダルはとれなかったものの、フィギュアスケート女子・浅田真央選手のフリーでの完璧な演技など、メダルの数以上の感動を生み出したソチ五輪だった。

次回、第23回冬季五輪は、2018年韓国の平昌で開催される。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking