上島竜兵、共演者から酷評?「本当にクソ」と元SDN・野呂佳代

Text by

  • 0
ポニーキャニオン「上島ジェーンビヨンド」公式サイト

ポニーキャニオン「上島ジェーンビヨンド」公式サイト

26日、映画『上島ジェーンビヨンド』(4月26日公開)の制作発表記者会見が都内で行われ、主演のダチョウ倶楽部・上島竜兵とリーダーの肥後克広、元SDN48の野呂佳代、清宮佑美らが出席した。

サーフィンドキュメンタリー(?)映画の続編!

映画『上島ジェーンビヨンド』は、上島が自分の存在意義を求めて後輩の毒舌芸人・有吉弘行と共にサーフィンに挑戦する姿を記録した『上島ジェーン』の続編。前作から5年後が舞台で、「もう一回、千葉の波にもまれて這い上がってこい!」という有吉の言葉をキッカケに、再びサーファーとなった上島が巻き起こす騒動やシニア大会への挑戦の行方を追う。

共演者からイジられ放題の主演・上島竜兵

劇中で上島がプロデュースする「九十九里ッターズ」のメンバーとして出演した野呂は、大物プロデューサーを演じた上島について「大先生のまねをしていただけで、本当にクソです。秋元(康)先生の方が素晴らしい」と、酷評し会場を笑わせた。

また、清宮から「上島さんが撮影中にお漏らししていた。気づいたら下からジャーっとなっていた」と、失態を暴露され赤面した上島は「ウェットスーツは着たら脱ぎにくい。あと、海に入ったら急に冷えちゃう」と、必死に言い訳。共演者からイジられっぱなしの会見となった。

出演は他に、有吉弘行、大久保佳代子、品川祐、希志あいの、結城リナ、安藤あいかなど多彩なメンバーが集結。監督は、前作から引き続きマッコイ斉藤が務める。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking