“初金髪”の三浦友和、尾野真千子の“裏の顔”を暴露!

Text by

  • 0
フジテレビ「極悪がんぼ」公式サイト

フジテレビ「極悪がんぼ」公式サイト

8日、フジテレビ系連続ドラマ『極悪がんぼ』(月曜21時~)の制作発表会見が都内で行われ、主演の尾野真千子、三浦友和、竹内力、椎名桔平、仲里依紗、三浦翔平ら豪華出演陣が出席した。

極悪?な世界を描く新月9!

新・月9ドラマ『極悪がんぼ』は、田島隆&東風孝広のコンビによる同名人気漫画を実写化。ドラマでは、主人公を女性に置き換え、架空の街・金暮県金暮市を舞台にトラブルがうごめく裏社会で奮闘していく姿を描くという。

主人公・神崎薫(尾野)が働くことになる小清水経営コンサルタントのがめついベテラン所員・金子千秋役の三浦友和は、役柄のため髪を金色に染めて登場。自分でも「一週間くらい、朝起きて洗面所で驚いた」と、”初金髪”の心境を告白。また、妻・山口百恵さんの反応について聞かれると「3日くらいで慣れてくれました」と、コメントしたものの「道ゆく人に指を差されて、撮影だとわからないから普段こんな格好だと思われても困る」と、苦笑い。当初は、金髪のカツラを使うことも考えたが「(撮影が)4ヶ月もあって面倒くさかった」と、思い切って髪を染めた理由を説明、「髪の毛を事務所に言わずにピンクや黄色にして怒られる。三浦さんが羨ましい」と、共演の仲里依紗に羨ましがられた。

主演女優・尾野の“裏の顔”?

また、タイトルの「がんぼ」は”やんちゃ”を意味することから、最も”がんぼな人”を聞かれた俳優陣はそろって尾野を指名。竹内力は「このどっしりした存在感は、なかなか出せない」と、絶賛した。
 さらに、三浦が「カットがかかると、すぐ喫煙室に行ってこれ(タバコ)ですからね」と、撮影現場での尾野の”裏の顔”を暴露。椎名も「こういう風に(足を開いて)座って、指パッチンしながら『お腹空いた~』って」と、尾野の真似をして見せ、会場を笑わせた。

当の尾野は、椎名らの発言に大笑いしながらも「いつもはこうです」と、内股で座り直し反撃を開始。三浦らベテラン俳優たちの撮影現場での様子を「失礼ながらおじさまばかりで、前室では老眼の話ばかり」と、暴露した。また、月9初主演については「ピンとこない…」と、”がんぼ”ぶりを見せ、笑いの絶えない会見となったようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking