単なる偶然?それとも”運命の赤い糸”?夫婦の奇跡のエピソード

Text by

  • 1
テレビ朝日「ナニコレ珍百景」公式サイト

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」公式サイト

15日放送のテレビ朝日バラエティ『ナニコレ珍百景』に、福岡県に住む夫婦から驚きの「奇跡のエピソード」が投稿された。

福岡県の若夫婦の投稿が・・・

「奇跡のエピソード」を投稿したのは、福岡県小竹町に住む宇佐川さんご夫婦。3年前、ご主人17歳、奥さま16歳で、とある焼き肉店のアルバイトで知り合い、結婚したという若夫婦だ。バイトの先輩・後輩として初めて出会ったと思っていた2人は、実はもっと前に偶然出会っていたという。

2人がつき合い始めて4ヶ月、奥さまの自宅へ遊びに行ったご主人は、壁に飾られていた七五三の記念写真を見つけた。
 その写真は、奥さまのお兄さんの七五三で太宰府天満宮へお参りした際に撮影された写真。兄2人と奥さま(当時4歳)が着ぐるみと一緒に写っているのだが、その斜め後ろに見知らぬおばあちゃんと男の子が写りこんでいる、というもの。

自宅で見つけた七五三の記念写真

当初、写真をみたご主人は「俺も七五三で太宰府天満宮に行ったよ」と、当時を懐かしんでいた。当時、北九州市に住んでいたご主人は、七五三のお参りのため、はるばる太宰府天満宮まで足を運んだのだとか。
 写真を見ていたご主人は、ふと目に入った後ろに写り込んでいるおばあさんと少年の姿にビックリ。
「これ、俺のばあちゃん、こっちは俺だよ!」なんと、そこに写っていたのは、5歳のご主人と祖母だったのだ。
 しかも、写真はなぜか左側にずれ、後ろにいるご主人がぴったり収まるように撮影されているのだ。そのうえ、ご主人はしっかりカメラ目線で写っている。

15年前、この写真を撮影した奥さまの父は「ビックリした。ちゃんと写真の枠にはまってる、丁度いい感じに。小ちゃい時からどんだけ、娘のこと追いかけとんのやってことですよね」と、コメント。
 奥さまは「ダンナと結婚するのは、多分15年前から決まってたのかなーって思います」
 ご主人は「運命の赤い糸とか、正直昔は信じてなかったですけど、今はあるのかな?って思います」と、奇跡の出会いに感謝しているそうだ。

驚きのエピソードにスタジオもビックリ

偶然にしては、あまりに驚きの夫婦のエピソードに、MCを務めるネプチューンの3人も驚きを隠せない。
名倉「普通、真ん中に寄るじゃない?それがなんで、こっちに寄ってんだろう?不思議な写真だよね」
堀内「なんで、中心のずれた写真を額に入れようと思ったんだろうね?」
原田「スゴイよな~。カメラ見てんの、あの2人(ご夫婦)くらいなんだよね。…あ、犬(着ぐるみ)も見てるか」と、原田のコメントに一同大爆笑。

この投稿は同日放送された珍百景の中から、見事ナンバーワンの”MV珍”に選ばれた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking