「彼氏の元カノが盗聴器を」小島瑠璃子がストーカー体験を告白!

Text by

  • 2
ホリプロオフィシャルサイト

ホリプロオフィシャルサイト

29日放送のTBS『内村とザワつく夜』は、「本当にあった真夏に背筋が凍る話SP」。幽霊やお化けより怖い、誰もが体験しかねない「対人関係の恐怖」。スタジオゲストが体験した「背筋が凍る」エピソードとは?

ストーカーの正体は「身近な人物」

「一緒に暮らしたいあまり、彼氏がストーカーを自作自演していた」
「彼氏の家で留守番していたら、合鍵で侵入した元カノが部屋の隅に佇んでいた」

など、視聴者から寄せられた「背筋が凍るストーカー体験談」が紹介される中、MC内村光良の「実際にこんな体験ある人いる?」の呼びかけに小島瑠璃子が手を挙げた。

コジルリが体験した「彼氏にかかってくる奇妙な電話」

小島は「昔、つき合ってた彼なんですけど…。彼と会った瞬間に、絶対、元カノからの電話が鳴る彼だったんですよ」と切り出した。

彼とのデート中「誰にも見られてないはずなのに、元カノの話になった瞬間に電話が来たり…」と、度々彼氏に元カノから電話がきていたそう。

「最初は、なんか偶然が重なるなとは思ってたんですけど。だんだん、これヤバいなってなってきて、何でだろうって考えた時に、彼が元カノから時計を貰ってたんですよ。その歳には合わないような高価な時計だったんですよ。その時計をはずすようになってから、電話がなくなったので、盗聴器かな…って」

小島のリアルな体験談にスタジオは騒然。「今日、怖すぎるだろ!」と内村も驚きを隠せなかった。

島田秀平が語る「合コンに参加した女性の体験」

一方、手相芸人・島田秀平は、
「かわいいんですけど、彼氏がいない女性がいて、『彼氏が欲しい』って言うから『合コン行けば?』ってアドバイスしたんですよ」と切り出した。

「合コン来るような奴は、ろくな奴がいない」と言っていた女性だったが、周囲のすすめもあり、仕方なく4対4の合コンへ参加したという。

イヤイヤだったものの、正面に座った男性がいい感じで話も合う。しかも、家が同じ方向なので女性はその男性に自宅まで送ってもらった。

「運命の人」と思いきや?恐怖の展開に

家の前まで来ると「じゃあ」と言って帰ろうとする男性。その日のうちにどうこうしない誠実さをより気に入った女性が「連絡先交換しよう」と持ちかけ、男性の番号を携帯電話に入力した瞬間、画面に「犯人?」の文字が表示された。

実は、女性は半年くらい前にしつこいイタズラ電話に悩まされていた。
しかも、かかってくるタイミングが、お風呂から出た瞬間や家を出た瞬間という気持ち悪さだったため、その番号を着信拒否設定するために「犯人?」で登録していたのだ。

まさに、目の前にいる男性が「犯人?」だったというコワすぎる体験。

島田は「女性の皆さん、初対面で『あ、この人、相性合うかも』と思っても本当に初対面かどうかわかりませんよ」と付け加え、スタジオから悲鳴があがった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking