タイムズスクエアに出された「おとめ座限定」の求人広告に賛否両論

Text by

  • 2
123RF

123RF

30日放送のテレビ朝日『ワイド!スクランブル』で、中国企業がアメリカで出した「おとめ座限定」の求人広告が紹介された。その仰天の内容とは?

世界中の「おとめ座」の人にチャンスが!

「すごい!おとめ座」「世界のおとめ座を募集中!」

ニューヨーク、タイムズスクエアに「おとめ座の人だけに向けた求人広告」が出され、話題になっているという。

これは、中国の健康食品会社と通販会社が共同で行った人材広告で「極致体験師」と呼ばれる職種を募集するもの。

聞きなれない「極致体験師」とは、”最高に楽しい体験をする人”のことで、仕事内容は、世界中を旅しながら、健康食品の生産過程などを食べて、飲んで、リポートするという夢のような「オイシイ仕事」なのだという。

さらに、1年間の報酬は約500万円。これは北京市の平均収入の約6倍にあたる、高収入だという。

絶対条件「おとめ座」に、賛否両論!

他にも条件として、
■1980~1990年代前後生まれの男女
■高い語学力を持つこと
■ニンニクやトウガラシなど、刺激の強い食品や濃い味付けの物を食べることは禁止

など、いろいろあるようだが、「おとめ座であること」は絶対条件。
その理由として、おとめ座は「他人の失敗に厳しく、完璧主義者であるところが求めている人材にぴったり」なのだとか。

これには「能力と星座は関係ない」「身分証明をおとめ座に変える」「星座差別だ」など、様々な意見が寄せられているそうだが、中国では実際、人材採用の際に星座が関係してくることがあるという。

実際にあった?星座限定求人

大学のキャンパスに出ていた英語教師と事務員の求人「おとめ座とさそり座の方、不可。やぎ座、てんびん座、うお座優先」

広告デザイン会社 デザイナー採用試験の面接試験で、「おとめ座かさそり座でしたら、お引き取り下さい」と言われ、面接を受けられなかった。

また、ブライダル関連企業の面接試験で「ブライダルはロマンチックなもの、みずがめ座かさそり座がいい」という理由で落とされた人もいるそうだ。

日本とは少し違う?中国版の星座別性格診断

中国版の12星座の性格は以下の通り。

おひつじ座  朗らか、少し頑固
おうし座   親しみやすい、思いやりがある
ふたご座   優れたコミュニケーション能力
かに座    はずかしがり屋
しし座    野心のあるリーダータイプ
おとめ座   完璧主義、少し気難しい
てんびん座  ユーモアがある、感情的
さそり座   個性が強い、気が変わりやすい
いて座    好奇心が強い
やぎ座    慎重、責任感が強い
みずがめ座  想像力豊か
うお座    寛大でフレンドリー

自分のやりたい仕事に就けない理由が「能力がない」ならともかく、「星座が合わない」では、そう簡単に納得出来ないだろう。

日本では、厚生労働省で「公正な採用選考」が決められており、「応募書類に適正と能力に関係ない要件は記載しない」こと、収集してはならない情報として「血液型・星座」などがあげられている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking