「妄想力」を鍛えるとストレスに強い脳になる!

Text by

  • 17
Shutterstock

Shutterstock

20日放送のフジテレビ『ホンマでっか!? TV』は、遊びと癒しの最新事情について特集。ストレスに強い脳をつくるための意外なトレーニング方法とは?

妄想力が高い人は「自信があって強い人」

心理学評論家・植木理恵氏によると「妄想力が高く、脳の中で1人遊びが出来る人は、態度が泰然としていて、自信があって、ストレスに強いとわかっている」そう。

マツコ・デラックス「妄想がヒドくてもいいの?」
植木「ヒドイってどれくらい?」
MC明石家さんま「妄想でヒドイことってあんまり考えないよな?」
マツコ「テレビでは言えないような…ちょっとセクシャルなこととか。結構、妄想ヒドイんですけど…」マツコの告白にスタジオ中が大爆笑。

しかし、植木氏は「そういう場合は、その妄想力がマツコさんを支えてるんです。いつでも、楽しいことを生み出せる。セルフで思い出せることが出来て、自分を楽しませることが出来るんだと思っている人は、自信があって強い人」だと、語った。

妄想力を鍛えてストレスに強い脳をつくる!

植木氏によると、妄想力を鍛えるには「小・中学生でも、『小説の登場人物の気持ちになって考えてみましょう』とか『歴史上の人物に思いをはせてみよう』ということで高められる」ということ。

「だから、小説とか本を読むのがいいんだ」と、さんまも納得の様子。

「そうなんですね、そういう時にトレーニング出来る。また、子供の頃に妄想力が作られると思い込まれてきたんですが、被験者を70歳まで幅を広げても、妄想力は鍛えられるということが解ってきたんです。子供の頃に、妄想が出来なくても、自分遊びとか頭の中で思いをはせて楽しむことで妄想力が鍛えられる。鍛えられれば、ストレスを抱えにくくなる」と、植木氏は語った。

何歳になってもトレーニングすることで鍛えられるという「妄想力」。慣れないと表情に出てしまうので、初心者は他人がいるところではやめた方がいいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking