ついに結婚式もおひとり様?婚期を逃した女性が挙げる「ソロ婚」とは?

Text by

  • 5
Shutterstock

Shutterstock

“おひとり様”という言葉が定着してずいぶん経つが、今年6月、”ソロウェディング”と呼ばれる「おひとり様ウェディング」サービスが登場したという。22日放送のフジテレビ『めざましテレビ』では、”ソロウェディング”サービスを紹介。気になるその内容とお値段とは?

花嫁だけで行う「ソロ婚」とは?

“ソロウェディング”(ソロ婚)は、婚期を逃しウェディングドレスを着られなかった女性が、1人でエアー結婚式を挙げることが出来るサービス。相手はいないが「ウェディングドレスは着たい!」という未婚女性の夢を叶えてくれる1泊2日のプランなのだ。

ソロ婚プランを手がけるのは、京都にある旅行会社。コーディネーター・赤居さんによると、利用者は「30代後半から50代までの独身女性」が多いそうで、現在まで10人がソロ婚を利用したという。

1泊2日の「ソロ婚」プラン、その内容とは?

1泊2日の日程は、
1日目 打ち合せ、ドレス試着、ブーケ作成、ホテル宿泊
2日目 ヘアメイク、写真撮影、メイク戻し、ツアー終了

2日間、コーディネーターがつきっきりでお世話してくれるうえ、ドレスは試着し放題、写真撮影用のブーケの手作り体験、プロのヘアメイクによるブライダルメイク(約1時間半)、プロカメラマンによる撮影が体験でき、ホテルの宿泊代込で料金は30万円~なのだとか。

「ドレスなども相手や周りを気づかう必要もないため、着たいものを着てもらっていい」と赤居さん。

また、「さすがに1人ではさみしい」という人のために、花婿役のオプションもあるそうだが、今のところ利用した人はいないそうだ。

街中での「舞子体験」や映画村での「時代劇扮装」などが出来る京都らしいサービス。「ステキ」と思うか「イタイ」と思うかは個人差がありそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking