新しい広告ショー?渋谷に現れた「シロクマ」正体はやっぱり…

Text by

  • 1
YouTube/mtm urainf

YouTube/mtm urainf

10月8日夜、渋谷センター街に、突如シロクマを散歩させる金髪美女が出没し大騒動となった。24日放送のTBS『いっぷく!』では、謎のシロクマの正体を検証した。

突然の「シロクマさんぽ」渋谷の街、騒然!

金髪美女にリードを引かれ、人ごみを悠々と歩き回った謎のシロクマ。渋谷で目撃される前には、横浜・山下公園でも目撃されていたという。
山下公園では、カップルや家族連れに見守られるなか、主婦らしき黒髪の女性が右手にシロクマ、左手に白いチワワのリードを持ち、リラックスした様子で散歩している様子が動画投稿サイトに多数寄せられた。

横浜から渋谷は約40キロの道のり。同じシロクマだとしたら、どうやって移動したのだろうか?

動物園職員「素人には無理」とキッパリ!

シロクマの引っ越しを経験しているという北海道・釧路市動物園の職員によると「(シロクマは)オリに素直に入ってくれる動物ではないので、麻酔をかけて眠った状態でオリの中に収容するという作業になります。オリも鉄製で、重さでいうと800キロを超える物を使っております」

素人が行うことは?という質問に、職員は「あ~、無理だと思います」とキッパリ。
しかし、Twitterには、路肩に停車したバンに自ら乗り込むシロクマの姿が投稿されているという。

専門家が見ると一目瞭然?

動物の動きに詳しい恐竜研究家・富田京一氏は、横浜の映像を見ると「あぁ~、これは非常にわかりやすいです。もう、明らかに人間の体型です」とバッサリ。
「クマがしゃがんだ時は、ものすごく脚が短く見える。もろ、人間体型です。かっこよすぎです」

確かに、山下公園でしゃがんだシロクマはクマには見えない、いわゆる「ウンチングスタイル」をしている。

さらに、渋谷を闊歩する映像では「クマは、肩甲骨込みで柔軟に動いている。これは、肩の関節が人間と同じように動いている」と解説し、「断言できますね。作り物です」とキッパリ。

スーッとするあの飴が一枚かんでる?

さらに「いっぷく!」は、渋谷の映像に写りこんだ”LALSH”のウィンドブレーカーを着た男性に注目。”LALSH”なる団体のHPには、シロクマのロゴと”HALLS”の文字が。

“HALLS”を製造する企業に、スタッフが問い合わせると「シロクマに関する問い合わせは多く頂くのですが、まだ詳しいことはお答えできません」という回答。

また、”LALSH”団体のHPには、「明日、真実を明らかにする。それまでは答えられない」と意味深な言葉が。

うまく乗せられちゃった?国分も苦笑い

MC国分太一「これは、僕らも乗っかっちゃったことになるんですかね?」
クロサカタツヤ「乗っかっちゃいましたね。私自身、解説があるまで本物のシロクマだと思っていたんで、すっかりやられちゃいました」

クロサカは「こうやってテレビで扱っていること自体、彼らの思惑に、まあ誰かわからないですけど、うまく引っかかっちゃってるなぁというのが正直なところ」と苦笑い。

国分「都心での宣伝活動というところで言うと、今、TwitterやFacebookもひとつの宣伝活動になっているじゃないですか。それをうまく使ったのかなと思いますね」

クロサカ「まさしくそうですね。コメントの中でも動画投稿サイトという言葉が出てきましたけど、今、皆さんスマートフォンとかでパシャパシャとって、アップされますので、あらゆるとろで拡散していく。まさしく、そこからテレビに来たりするので、こういう街頭で面白いアクションをして、いろんな人の注目を集めて、さらに拡散していくという広告ショーは、今、広がってきています」

選挙活動には不向きな「新しい広告ショー」

国分「ある洋服屋さんでは、マネキンが動くと写真にとって『動いたよ』とTwitterでつぶやくと観に行く人が増えるというような宣伝効果もあるといいますから。こういうやり方は、選挙活動とかではどうなんでしょう?」

TBS解説委員・龍崎孝「ちょっと考えにくい。選挙活動は自分であるということを訴えなければいけないから、誰だか分からないと勘違いして他の党に入れちゃうかもしれない」

「クマアクター」の存在は聞いたことがあるが、山下公園でのしゃがみ方は「クマアクター」とは思えない、人間らしさが滲み出ていた。真相は、今日、明らかになるそうなので楽しみに待ちたい。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=v3uFSUj8Cj4[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking