話題の「ナンパ講師」むしろ気をつけるべきはマジメな男性?

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

先日、日本入国阻止を要請する約3万8000人分の署名が集まり話題となったアメリカ人ナンパ講師ジュリアン・ブランク(26)。

24日放送のテレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』では、「日本人は軽く見られている?」を徹底討論。その中で、むしろ気をつけないといけないのは女性ではなく「マジメな日本人男性」であることが判明した。

入国阻止署名で話題を呼んだ「ナンパ講師」

職業・ナンパ講師を語り、各国で「ナンパ講座」を開催、DVDまで発売しているというジュリアン・ブランク。「白人の男なら東京で好き放題できる」「ピカチュウとか言っとけば、日本の女はすぐついてくる」「頭を掴んで股間に押しつけても日本人は笑ってるだけ」など、言いたい放題だ。

しかし、ジュリアンの言動に街の女性たちは、「ムカつくけど当たってる」「日本人のことよくわかってる」「カッコイイとすぐついてっちゃう子とかいるよね」と苦笑い。

ジュリアンは、今月半ば都内で受講料20万円のナンパ講座を開催する予定だったが、結局、来日はキャンセルされ講座は中止に。

「講師も行く奴らもダメな男」ホラン千秋が怒り

ホラン千秋は「相当バカにしてますけど、あの講座に行く奴らも相当ダメな男」と嫌悪感をあらわした。

ミッツ・マングローブは「微妙にブサイクじゃないジュリアンて。だから説得力があるんだろうけど。多分、受講している奴らもブサイクな男なんだろうね」と話し、「もし、来日して講座を開いても行くのは日本人。外国人が日本人をナンパする方法を教えても役に立たない」と指摘した。

カンニング竹山は「全然モテずに生きてきたら、行ってみようかなと思いますよね」と苦笑い、東国原英夫も「(ナンパが)成功はしてるんだろうね、日本でね」とコメントした。

欧米で、日本人は軽く見られている?

ミッツは「みんながみんなそうじゃないと思うけど」と前置きし「欧米なんか行くと、日本の女の子は下着売って生計たててると本気で思ってる人はいる。ブルセラとかが問題になった時、結局、ああいうのばっかり取り上げられちゃうと、日本人の男は自販機で女の使い古しの下着買ってると信じちゃう」と語った。

東国原「日本の女性は、外国人男性に声をかけられると、照れ隠しなのか笑うじゃないですか?あれは『OK』ってサインですからね」

ホラン「日本女性が海外に行った時も、同じように見られてるから気をつけないといけない」

MC阿川佐和子「日本人の女ばっかりが、軽く見られるんですか?」

ミッツ「男もそうですよ。ゲイもそうだけど。私なんか海外にいた時、ちょっと口答えしただけで『お前、日本人のくせに口答えすんな。ヘラヘラ笑ってればいいんだ』って言われました」

日本人の男性は奥手過ぎる?

一方、東国原は、「自治体主催の合コン」を例に取り上げ「地方の男子はなかなか女性を口説けない。僕も宮崎やっていた時、何回も合コンやりましたけど。特に農林水産関係の男性は合コンやって『さあ、どうぞ』って言っても、何にもしゃべらない」と、日本人男性の奥手ぶりを指摘した。

阿川「ヒガシさんは、カチカチの男性にどう話しかけるように言うんですか?」
東国原「言うんじゃなくて、もう、僕が間に入るんです!盛り上げ役で笑われ役」

ビートたけし「吉原の『なかどん』って言って、お客と花魁の中に入って会話がうまくいかないと盛り上げる。そんで、盛り上がるとすーっといなくなる」
阿川「ナカドンやったんですね?」

東国原「そう。話のキッカケがないんです。話の持って行き方も。林業の方がいきなり『木の切り方』を説明したって、相手の方わからないでしょう?」

それでも自治体主催の合コンには、参加者がやたら集まるという。

マジメな男性は「ナンパ講座」を真に受ける?

マーケティング評論家・牛窪恵は、「今回、あのナンパ師が来なくて良かったと思うのは、ああいう講座に参加する人はすごくマジメに参加するんですよ。私も、自治体主催や民間がやっているチャライ”モテ男”講座とか見ますけど、すごく皆さんマジメにメモをとったり、『アパレルのこのお店で服を買ったらいいよ』と言われると、皆さん本当に終わった途端、同じお店で服を買ってるんです」と、語った。

大竹まことは「問題っちゃ問題だよな。外国の人が来て、講座を受けないといけないくらい女の人への対処法がわからないっていう…」とため息をついた。

石田純一の「モテ技」に女性陣感心!

阿川は、「石田純一さんに聞いたのは、若い女の子にこっちを向いてもらいたかったら、自分の話はしない。その女の子が興味を持っている話をずっと聞いて、その話題を自分の持っている知識でカバーしてあげる。結局、自分の話をしても、おじさんの場合『自慢話・愚痴・実績』だから全部。そういうのはやめる」と語り、女性陣は大きく頷いた。

ビートたけしは、「俺なんかは現金叩きつけて『僕は、君に興味があるんだ。でも芸人だから時間がない』って。普通の恋愛なら、お茶飲んで、レストラン行って、コンサート行って、大体3ヶ月以上かかる。でも時間がない。金だけやるからやらせろ!って」と、まさかの「力技」を披露し、スタジオ中が大爆笑。

阿川「さっきのピカチュウと変わらない!」
ホラン「ほんと変わらない…」
大竹「参考にならない!」

「ピカチュウ」はともかく、今後、ナンパ師が来日して食い物にされるのは、女性たちではなく「女性に免疫のないマジメな男性たち」かもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking