泉谷しげるが暴露した、映画全盛期の「枕営業」がコワイ!

Text by

  • 4
足成

足成

14日放送のフジテレビ『ワイドナショー』では、芸能界で噂される「枕営業」について大激論。泉谷しげるが70~80年代の映画界の「枕営業」を暴露した。

人気男性誌編集長の「枕営業」疑惑

先日、話題となった男性ファッション誌の名物編集長が、「有名ファッションショーに出演させる」条件で、モデルに肉体関係を強要したという「枕営業疑惑」。

この疑惑についての真相はいまだわからないというが、芸能界では度々「枕営業」という言葉が噂される。

犬塚浩弁護士は「倫理的には非常に問題」としながらも、「性的関係を結んだうえで対価を得るという契約自体が無効なので、守らなくても罪には問われない。強い力関係があって、いやいやというなら別ですが、双方合意の上での性的関係は犯罪にはならない」と解説した。

「枕営業出来る人がうらやましい」まっちゃんのボヤキ

枕営業について、松本人志は「枕営業ねぇ。それが出来る人がうらやましい。枕営業でなくても、自分の番組に『あの子カワイイからブッキングして』と言える人がうらやましい」と告白。

MC東野幸治「出来ない…ですよね?」
松本「例えば、志村けんさんは、周りにキレイどころを置いてテンション上げるタイプだけど、俺はああいうことすると集中できないのよ。ふわっふわっしてもうて」

東野「女性ばっかり見てしまって?」
松本「でも、楽しいやろ~なとは思う。あの感じで出来たら」

『志村けんのバカ殿』の収録現場を実際に見たことがあるという東野は、「志村さんは、収録前にわざと女性タレントのお尻を触る。それで、『やめてくださいよ~』とツッコませて空気を作る」と語った。

泉谷しげるが映画全盛期の「枕営業」を暴露!

ゲスト・泉谷しげるは「70~80年代のことだけど」と前置きし、「映画の仕事をやった時、映画会社が女を用意した」ことを激白し、スタジオから「えぇ~!」と驚きの声が。

泉谷によると「要するに、金と酒と女で押さえるんですよ、スケジュールを。弱みを握って。例えば、京都まで来てくれない東京の役者さんとかいっぱいいたから」ということ。

東野「わざわざ京都まで呼んで、接待するんだ!枕営業じゃないですけど、女性を?」
泉谷「用意します。具体的に。部屋に入ると、いるんです。それをプロデューサーが用意するんです」

「枕営業」受けたら、弱みを握られる?

指原莉乃の「すごいブスだったらどうします?」という質問に、泉谷は「ブスとかじゃなくて、これは首根っこ押さえられるなと思うから断るわけですよ。そうすると『お前ホモか?』とか言われるわけ。習慣だから。それは、長年そうだったから。俺のちょっと先輩たちは、そういう習慣で来ちゃってる仕事の在り方だから」と苦笑い。

コメンテーター古市憲寿の「泉谷さん、女性買ったことは?」という問いかけに、泉谷は「冗談じゃないよ。絶対ダメだよ。まずいだろそんなもん!」と真っ向から否定。

しかし、「拒否するんだけど、このせめぎ合いが結構大変。『何、つまんないこと言ってるんだ』とか言われて」と、断る苦労を語った。

東野は、「男性側もそういう心理ですし、でも、関係持ったら、後でとんでもないことになる?」と質問。

泉谷は、「そうでしょう?大体、そんなもんは酒と金と女で弱みを握って。だから、今は、ある意味とっても健全」と語り、草食系男子が増加した現在は、「逆に女の方がしたたかで強い」と指摘した。

東野も「外国でも政治家がホテルに入ったら女性がいて、ハニートラップとか聞きますよね」と苦笑い。

まっちゃんの言動はすべてパワハラ?

一種のパワハラとも言える「枕営業」だが、松本は「パワハラってイヤやわ。こわいわ~」と切り出し、「それを言い出したら、全部がそうなってしまう。僕は、正直、パワーがある訳ですよ。そしたら、僕がなにやったってパワハラになっちゃうわけですよ」と語った。

松本「そしたら、パワー無いもん勝ちかってことになっちゃう」
東野「頑張って頑張って、パワー持ったら、こんな目に合うみたいな」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking