あの有名人伝説はウソ?ビートたけしが「自身が流したデマ」を告白!

Text by

  • 0
123RF

123RF

19日放送のテレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』は、「デマニュース」について徹底討論。ビートたけしが流し浸透してしまった「有名人伝説」とは?

NASAの公式発表と思いきや「デマだった」

先日、NASAの公式ツイートで「1月4日午前9時47分(太平洋時間)地球上は少しの間、無重力状態になる」と発表され、さらに、イギリスの天文学者パトリック・ムーア氏が「この時にジャンプすれば奇妙な浮遊感を味わえる」と発言したと報じられたという。

これを見た日本のネットユーザーたちが、日本時間5日午前2:47にその様子を実況したものの何も起こらなかった。

後になり、この発表がNASAの公式ツイートを騙った何者かによる”デマ”で、ムーア氏のコメントも40年前のエイプリルフールの発言だったことが分かったという。

オイルショック時のトイレットペーパー騒動もデマ

ゲスト・荒俣宏は、1970年代のオイルショック時に「紙が全く無くなる」という噂が流れ、スーパーにトイレットペーパーを求める人たちでパニックになった騒動も「紙不足」が「紙が全く無くなる」というデマとなって起きたと指摘した。

全く根拠もないのになぜか広まってしまう「デマ」。
ハリセンボン近藤春菜は「警察官の父が、『相棒』の杉下右京のモデルだという噂が流れ、コーヒー派だった父が意識して紅茶飲むようになった」と話し、一同大爆笑。

大竹まことは、ある映画に実名で死ぬ役で登場したところ、映画がテレビで放送された際、事務所のマネージャーが劇中の「大竹まこと死亡」のテロップを見て本気にしてしまい、所属事務所がパニックになったことを語り、「わかりそうなもんなのにね」と苦笑い。

ビートたけしにまつわる美談は本当か?

また、ネット上ではMCビートたけしにまつわる美談も紹介されているという。

その内容は、「フライデー襲撃事件後、謹慎中のたけしに代わって、家族や軍団の生活の面倒を志村けんが見ていた」というエピソード。

さらに、「たけしも著書の中で『志村さんの出費は3億円はくだらない』と語っている」「出所後、志村けんに礼を言い『お金を返す』と言ったたけしに、『俺が勝手にやったこと。それより今まで通りライバルでいてくれよ』と志村が言った」などの感動ストーリーに13万人が「いいね!」を押しているという。

これについて、玉袋筋太郎は「出所後というのがまず間違い」とバッサリ。ギリギリだったが「殿は入ってませんから」と苦笑い。

さらに「殿の全著書を持っているけど、そんなこと1行も書いてない。誰ですか?勝手なことを書くゴーストライターは?」と語った。

有名人のアノ伝説は、たけしが作ったネタ?

玉袋によると、たけしによって作られた「芸能人伝説」も少なくないという。

■ガッツ石松伝説
好きな数字は?「ラッキーセブンの3」
太陽はどっちから昇る?「右から昇る」

玉袋によると、これらはの「ガッツ発言」は、たけしがラジオで喋った「ネタ」なのだという。
ちなみに、たけしによるとガッツ石松が「宣誓!我々は…」というのを「宣誓、ガガは…」と言ったのはネタではなく真実なのだとか。

■ジャイアント馬場伝説
「野球選手時代、ボールを投げようと振りかぶったらキャッチャーの頭を叩いた」

「タクシーに乗りこもうとしたら、反対側のドアから出てしまい、しょうがないからタクシーを背負った」

これは、もちろん「ネタ」。

たけしは「馬場さん、ガッツさん、長島(茂雄)さんは、かなり作ったよね」と、自身による「デマ」であることを告白。

「それがいつの間にか浸透してしまった。俺が流したネタなのに、『いい話がある』って他の芸人が言ってくる」と話し「バカ野郎、俺のネタだって」と苦笑い。

ネットのデマは「憂さ晴らしの場」?

ネットにあふれる「デマ」について、たけしは「インターネットの世界は国が庶民に与えた”うさ晴らしの場”」と指摘。

「だから、ちょっと有名な人とか金持ちとかに対する悪口を徹底的にやるじゃない?それをやることによって、その人達は憂さが晴れる。そういう道具にはなっている」と語った。

これを受けて、本村健太郎弁護士は「そういう道具を個人の人が手に入れたことによって、名誉棄損とかで一般の人が訴えられるケースがすごく増えている」と指摘。

「前は、名誉棄損と言ったら出版社とかマスコミだった。でも、今は一般の人も多い。訴えられたら反論できない」と注意を促した。

たけしは、「昔、『宇宙人は戸籍まで持っている』という本があった」と話し、「高校生の頃、山手線で目の前に乗っている人がどうしても宇宙人に見え、友達と後をつけたら普通の家に入って行った。でも、『あれは、地球人のふりをしている』と疑ったりして」と、ほのぼのした思い出を語り、一同は大爆笑。

ミッツ・マングローブの「そういう味わい深いデマが、今、生まれにくいですよね」というコメントが印象的だった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking