教育と子育ては大違い?尾木ママ、相次ぐ娘の問題行動を告白

Text by

  • 1
123RF

123RF

15日放送のテレビ朝日『しくじり先生 ゴールデン』に、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹先生が登場。今後の仕事に影響しかねない「自身の子育てのしくじり」をぶっちゃけた。

尾木ママの愛称で大人気、尾木直樹氏が登場!

尾木ママは、1976~1994年まで中学校で国語の授業を担当。これまで教育関係の本を214冊も出版し、中でも「女子中学生」「少女反抗期」など、女子生徒を得意としてきたという。

しかし、尾木ママは「思いもよらないしくじり」として、「相次ぐ娘たちの問題行動」を告白、スタジオ中が騒然となった。尾木ママは「まさに灯台下暗し」と語り、自身の正体を「教育評論家なのに、娘が問題行動を起こしちゃった先生」だとぶっちゃけた。

1979年、1985年に、それぞれ娘を授かったという尾木ママ。「元祖イクメンは僕だと思っている」と語るほど、子育てのほとんどを行い、長女のおかっぱ頭は「僕が切っていた」という。

おとなしくてお利口な長女の子供時代

長女は、元宝塚のトップスター・鳳蘭さんにそっくりで「おとなしくて、手もかからない、いわゆるお利口さん」だったそう。保育園では先生の言うことをよく聞く「ひまわりのような太陽のような子」と呼ばれていたのだとか。

さらに、禁止していたわけではないのに、「テレビも見ない、お菓子も食べない」という子どもで、小学校に上がるまでにテレビを見た時間はトータル4時間くらい。近所の人からチョコレートをもらっても「私は嫌いです」と言って断るという徹底した”良い子”だったという。

また、高校3年の進路を決める際も、「美大に行きたい」という希望があったが「美術で生活するのは大変な事」という尾木ママ勧めで総合大学へ進学したという。

長女のとんでもない真実が発覚!

しかし、尾木ママ曰く「とんでもない真実」が発覚したのは、長女が大学2年の時。朝方、長女の部屋からガタガタと音がすることに気づいた尾木ママが部屋を覗くと、「暗闇の部屋で、どバラエティを観ながら、お徳用チョコレートを食い散らかしていた」という。

尾木ママの「何やってんの?」の問いかけに、長女はポロポロと涙をこぼし「テレビを見なかったりチョコレートを勧められても断ったりすると、お父さんが嬉しそうなな顔したからよ!」と衝撃の言葉を発したという。

長女は「良い子を演じていた」、悪い子になったのではなく「かぶっていた良い子の仮面が剥がれた」、長女は「イイコ症候群」に陥っていたと尾木ママは当時を振り返った。

「イイコ症候群」とは、心理学専門用語で、親の期待に応えようと子供らしい感情を抑えたり、良い子の振る舞いをるすことなのだとか。特に、長男・長女は親の顔色をうかがう傾向が強いらしい。

長女の復讐?孫の名前に驚愕のヒミツが

そして、現在、尾木ママは「しくじりのツケ」が回って来たと語り、「長女が、積年の恨みを孫を使って晴らしてくる」と告白した。

長女は、4年前、女の子を出産。「絵」という字が入った普通の名前をつけたが、「好きなだけ自由に絵を描ける子にしたいから」という由来を聞いた尾木ママは「心臓が止まるほど驚いた」という。

さらに、4歳になった孫娘は髪を伸ばしており、長女は尾木ママに「髪を切られるのが、イヤでイヤでしょうがなかった」ことが判明。今になって「隠れしくじりが判明した」と尾木ママは語った。

問題行動連発?個性的でやんちゃな次女

一方、「手がかからない良い子」の長女に対し、次女は「やんちゃになった」という。「子供たちはあまり叱らずに伸び伸び個性的に育てる」ようにした結果、次女はかなり個性的に育ち、次女が中学にあがると、尾木ママは「半年間で3回学校に呼び出された」と告白した。

■次女の問題行動、その1「廊下で消火器をまき散らす」

事件4日前、「消火器ってどうなってんの?」と次女から聞かれた尾木ママは「泡がいっぱい出て来て、片付けも大変だから、絶対にさわらないように」と注意したという。

しかし、防災訓練で使用された模擬消火器から水が出てきたため、次女は「お父さんが言ったことは本当かな?」と確かめようと消火器を噴射。学校へ呼び出された尾木ママに次女は「お父さん、粉が出た!」と報告したそうで、悪いことをしたという意識ゼロの次女に「え、粉だったの?」と尾木ママも思わず答えてしまったのだとか。

■次女の問題行動、その2「教室から中庭に向けて花火を打ち上げた」

この時は、担任教師ではなく校長からの呼び出しに「格上げ」されたと尾木ママ。次女が語った理由は「あの中庭見たら、花火打上げたくならない?」だったそう。実際に中庭に案内された尾木ママも「中庭見たら、僕も打上げたくなっちゃった」と苦笑い。

■次女の問題行動、その3「定番の”教室の引き戸に黒板消し”プラス、クラッカー」

「教室のみんながもっと愉快にならないか」という思いから、単にドアに挟んだ黒板消しが落ちるだけでなく、さらにクラッカーが鳴るという仕掛けを作ったという次女。

もはや「エジソンクラス」な問題行動に、生徒役の高橋英樹は「会ってみたい」と感心した様子。他の生徒たちも「パンクだな」と苦笑い。

しくじりは当たり前?親はみんなが「ルーキー」

高橋の「上の子と下の子の育て方を変えたわけではないんですか?」という質問に尾木ママは、「同じように育てていても違う。上の子は、親の意向とか顔色を見る。親の範囲に収まっているから、大物にはならない。下の子は、上の子の失敗を見ているから大物になることが多い」と語った。

尾木ママ「親は誰もやったことがないんですよ」
若林正恭「みんな初めて、ルーキー」

尾木ママは、「子育てとはしくじるもの。失敗するに決まってる」と指摘。しかし「手遅れはない。人間は死ぬまでが成長発達、いつでもやり直しがききます」と語った。

さらに、間違ったら「ごめんなさい」と子供の前でも率直に言えること。「そういう関係を作って欲しい」と語った。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking