新たなトラブルの火種?中高生の「学年LINE」が面倒くさそう!

Text by

  • 0
123RF

123RF

26日放送のフジテレビ『ノンストップ!』は、「中高生のネットトラブル」を特集。最近、ほとんどの学校で作られているという「学年LINE」とは?

今時の中高生は、1日中スマホをいじっている?

ある調査によると、中高生のスマートフォン普及率は約60%。また、使用時間の平均は5~6時間で中には「10時間くらい。学校が無いときはずっといじってる」「7時間は普通」という女子も。

さらに、「スマホトラブルの経験がある」と答えた中高生は11.7%、女子高校生では、20.4%で、その内容は、誹謗中傷、無断で個人情報を載せられた、嘘のウワサを流された等。

東日本インターネット事業協同組合・石川英治理事は、「今までは、いじめにしても、学校の中だけで済んで、家に帰れば終わる。家から出なければ巻き込まれないというものだった。スマホは、家に持ち帰っても同じ出来事が起こる」と指摘した。

MC設楽統「イジメのツールになっている?」
石川理事「そうですね」

LINEのグループ機能を使った「グループ外し」や、LINEをやっていない人を阻害することがイジメにつながるということは以前から問題となっているが、新学期を迎えるこの時期、小学校から中学校へ上がった生徒が「今まで持ったことがないツールを持ったこと」「春休み中、使う時間が増えること」で、トラブルに巻き込まれるという。

新たなトラブルの火種「学年LINE」とは?

石川理事によると、最近のスマホトラブルのキッカケとして「学年LINE」が問題となっているそうだ。

■学年LINEとは?
・学年の半分しか入れないグループ
・入ることがステータスになる
・入っていないと話題に乗り遅れる

「入っていない人よりは友達が多い感覚を味わうことが出来る」(17歳女子)

「誰かがコメントするまで待って、みんなの意見に合わせてコメントしたり、人の出方を見て自分の意見を決める人は多い」(18歳女子)

学年LINEに入っていないと乗り遅れる?

もはや、クラス単位でなく学年でLINEグループを作っていることに、設楽は驚きを隠せない。「なんで、半分しか入れない?」という設楽の疑問に、石川理事は「1つのグループに入れる人数に制限がある。学年の中に複数の『学年LINE』のグループがあって、複数に所属するほど、自分は人気があると思える」と解説。

学年LINEには、学年のスマホを持っている人の多くが参加し、連絡的な要素からプライベートな情報がやりとりされるという。

例えば、「春休みのイベントの出欠確認」「体育祭の写真を送ります」などの他、「テストのヤマ」「誰と誰が別れた」等、様々な情報が飛び交うのだとか。

LINEのやりとり1日2000件は当たり前?

LINEをやっていないという設楽は、「やってなかったら、写真ももらえないわ、連絡も回ってこないわで大変ですね」と困惑。

石川理事は「生徒さんにとっては、学校で生きていくための情報が満載なので、グループに入れるかは死活問題」と説明し、設楽は「でも、タテマエ上の自分を演出している。普通に会って言えるようなことで…」と指摘した。

さらに、学年LINEに入っている中高生のLINEのやりとりは、1日2000件以上が「普通」という石川理事にスタジオ中が仰天。

まるで猿山?学年LINEを仕切るボスがいる!

また、「学年LINE」には、誰をグループに招待するか、退会させるか等を決定する”仕切る人物”がいるそうで、設楽は「退会させるとか、権力が持った人がいる?」と苦笑い。

仕切る人物は、おしゃれ、かわいい、最新情報を持っている等、学年の中でも目立つ女子がなることが多いという。

グループのメンバーが退会させられる時は、突然「見ザル」のスタンプが送られてくるそうで、これには「LINEで見ないようにしよう」という意味が込められており、「あんまりやり過ぎると、ボスが入れ替わることも」と石川理事。

設楽「猿山みたいな…」
神田うの「猿山だね、猿山!」

大人たちは「猿山」とバッサリ切り捨てた「学年LINE」だが、自分の学生時代にLINEが無くて本当に良かったと思うのは筆者だけだろうか?(現在も未使用)
昭和の時代、クラス内の連絡は電話による連絡で(しかも緊急時のみ)、連絡網という表が各家庭の電話の前に貼ってあったのがとても懐かしい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking