カレーと一番相性のいいトッピングは?ココイチメニューを科学的に検証

Text by

  • 2
足成

足成

19日放送のTBS『林先生が驚く 初耳学!』で、「カレーに一番良く合うトッピング」を科学的に検証。世界最大のカレーチェーンCOCO壱番屋の人気メニュー上位15種をランキングした。

ココイチ人気メニューTOP15を科学的に検証!

エントリーしたココイチ売上1~15位のメニューは、ロースカツ、チキンカツ、やさい、パリパリチキン、チキンにこみ、ビーフカツ、海の幸、チーズ、クリームコロッケ、ソーセージ、フライドチキン、メンチカツ、フィッシュフライ、仕込とんかつ、手仕込ヒレカツの15種。

慶応大学理工学部研究員の「味博士」鈴木隆一先生が開発した、食べ物と調味料の相性や食べ合わせの相性を数値化する「味覚センサー・レオ」で、15種類のメニューを測定し、100点は完璧、95点で非常に美味しい、90点で美味しいと徐々に評価が下がり、80点が普通、70点以下はマズイという診断になる。

基準となる「トッピングなしのポークカレー」は、87.5点という結果。トッピングをプラスしたその結果は?

科学的に検証したランキング4~15位は?

15位 やさい 89.2点(売上3位)
定番メニューだが、他のトッピングより旨味が出にくいらしく数値は伸びなかった。

14位 海の幸 91.6点(7位)
13位 パリパリチキン 91.8点(4位)
12位 フィッシュフライ 93.3点(12位)
11位 チキンカツ 94.2点(2位)
10位 チキンにこみ 95.5点(5位)
9位  手仕込とんかつ 96.1点(14位)
8位  フライドチキン 96.6点(11位)

同率5位は96.7点で、手仕込ヒレカツ(15位)、ビーフカツ(6位)、チーズ(8位)の3つが並んだ。

4位 ソーセージ 97.9(10位)

TOP3は、驚異の98点超え!

3位 メンチカツ 98.4点(12位)
売上12位ながら、98点超えの高得点。「あいびき肉の肉汁が、ルーに行きわたり旨味がアップした」と鈴木先生。

2位 ロースかつ 98.8点(1位)
売上1位の「王道のカツ」が、他の食材でもなかなか出すことが出来ないという高得点を獲得し、科学的にも美味しいということが証明された。

1位 99.1点 クリームコロッケ(9位)
売上は9位ながら、なんと99.1点と「ほぼ完璧」な数値を獲得。鈴木先生によると「コクとクリーミーな甘みがルーを引き立てる」そうだ。

ほとんどのメニューが90点超え、上位3位は98点を超えるという結果のココイチカレー。1位のクリームコロッケはさっそく試してみたいところだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking